この記事は約 4 分で読めます

ネットメディア「VenusTap」が男女500名を対象に「女(妻)の趣味が悪いと思う男性有名人は?」という、下世話なアンケート調査を実施しています。

 

街行くカップルの中にも、男性は超イケメンなのに隣にいる彼女が超残念な感じのカップルって、街を歩いていてもたまに見かけますよね?

 

「え…どうしてそれを選んだの?」「いったい、彼の身に何が起きたのか…」

 

すれ違う人々の脳裏に様々な想いを巻き起こしつつ、彼女たちはドヤ顔で去ってしまいますが、果たして芸能人カップルでは誰が選ばれたのでしょうか?

 

第3位:ダルビッシュ有 妻・山本聖子(10.2%)

 

昨年、事実婚状態であった山本聖子さんと正式に入籍し、世間を騒がせたダルビッシュ有さん。

 

「紗栄子に続き、次は聖子かよ!ダルの相手がいつも微妙すぎる…」

「あのブサイク系脳ミソ筋肉女のどこがいいのか、全く理解できない」

「スタバ片手にダルの練習を見に来た聖子の写真が強烈すぎて忘れられない。サングラス越しでも分かるドヤ顔!」

「元ダンナとの離婚後1ヶ月で、ダルとの2ショットハグ写真を公開。自分が元ダンナだったらトラウマになりそう」

 

などなど、世間からは冷ややかな声が多く聞かれます。

 

また、昨年12月には自身のTwitterにて、トレーニング中の写真と共に「7 month pregnant(妊娠7ヶ月)」というコメントをアップし、第二子の妊娠を告白。

 

これに対しても、ネット上からは「まだ長男も1歳なのに…早すぎ!」「ダルビッシュの命中率スゴくない?」など、驚きの声が殺到しました。

 

ただ、ダルビッシュさんと山本聖子さんの子供なら、運動神経的にサラブレッドである可能性は高いでしょう。

 

このままあと二人くらい頑張ってもらって、将来の日本スポーツ界に明るい話題を提供して欲しいものです。
第3回女子レスリングワールドカップ [DVD] -
第3回女子レスリングワールドカップ [DVD] –

 

第2位:船越英一郎 妻・松居一代(12.0%)

 

以前から別居・離婚危機が盛んに報じられている船越英一郎さん。

 

「あの銭ゲバぶりもイヤだけど、それ以上にストーカーぶりが怖すぎて笑えない…」

「船越さん、早く逃げて!」

「テレビで笑いながら、船越英一郎の携帯を折ったり、鍋で煮たと話しているのを見たときは、恐怖で鳥肌が立った!」

ロケ先のホテルからスケジュールを自宅にFAXさせたり、自宅から見える場所にある船越さんの“別居マンション”を常に監視しているなど、松居さんの強過ぎる束縛エピソードに対しては「ストーカー”にしか思えない」との意見が続出。

 

さらに、昨年12月に自身のブログにて、「衝撃告白 天国の娘へ」と題し、十数年前の辛い流産経験を告白したことについても、

 

「どうにかして船越を繋ぎとめたいんだろうね」

「それ今言う必要ある?」

「やっぱり、コワイ…」

 

など、辛辣なコメントが相次いでいます。

 

すでに芸能記者の間では「2017年中の離婚は確実」と言われていますが、そうなった場合の船越さんの身の安全が心配になってしまいます。

 

松居一代の開運生活 -
松居一代の開運生活 –

 

第1位:木村拓哉 妻・工藤静香(13.0%)

 

見事トップに輝いたのは、現在、TBS系ドラマ「A~LIFE~愛しき人」でスーパー外科医を演じているキムタク。

 

その昔、人気絶頂だった頃に工藤静香さんと結婚した時から、「キムタクは騙されている」と言われていましたが、彼女がSMAP解散騒動の黒幕であることが発覚してからは、さらに批判がエスカレート。

 

「静香がキムタクの足を引っ張ってるとしか思えない」

「SMAPを解散に追い込んだ性悪女。絶対に許せない」

「あんなヤンキーババアのどこがいいのか、心底ナゾ」

「いつ見ても、ムンクの叫びや妖怪顔に見えてしょうがない」

「もっとまともな女優や一般女性だったら納得できてた」

 

など、ファン以外からも悲痛な叫び声が数多く挙がっています。

 

しかし、当の本人はそんなことはお構い無しで、フライデーの取材で「私は悪くない!」と猛烈アピールをしたことは話題になりました。

 

さらに、最近はインスタグラムを始めて、ものすごい勢いで”キムタクの嫁アピール”を開始してさらに大炎上しております。

 

昨年11月に行われた週刊文春の「嫌いな夫婦ランキング」でもダントツのトップとなったキムタク&静香夫妻。

 

このKY夫婦の独走を止められるカップルは、この先もしばらくは現れそうにありません。

 

 

工藤静香 ベストヒット BHST-137 - 工藤静香
工藤静香 ベストヒット BHST-137 – 工藤静香