この記事は約 2 分で読めます

覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕されるも、不起訴処分になったASKAさんが、2月に発売する告白本でとんでもないことを暴露する可能性があるといいます。

 

1月18日にブログを更新したASKAさんは、その中で2度目の逮捕や尿検査について記した告白本のタイトルや発売日を次のように明かしています。

 

「700番2巻3巻」の発刊は、2月17日で間違いありません。
僕も、今、知りました。先にね、報告したかったね。
「2巻3巻」となっていますが、一冊に纏めてあります。
「1巻」は、その後となります。

[ASKAさんのブログより引用]

 

どうやら、本当はもっと早く発売する予定だったものの、昨年11月末に再び逮捕されたことを受けて、「なぜ不起訴になったのか、検査時に尿の代わりにお茶を入れたのか」についても詳しく書き足したほうがいいだろうということで、延期になったようです。

 

「700番」というタイトルはなんとも奇妙な印象を受けますが、三部作のうち第一部と第二部を一冊にまとめて先行発売し、第一部は後日改めて発売するという、これまた変形的な売り方をするとのこと。

 

そして、その第一部の発売にあたり、とんでもないことが暴露されているとの噂があるようです。

 

「現在、“1巻”の内容にあたると思われる部分が、ASKAの周辺でにわかに騒がれているのです。それは、ASKAに薬物を供給していた組織の実名と、交際が噂されていた飯島愛の“死の間際”に何が起きていたかという部分についてです」(芸能関係者)

 

組織については、どんなにぼかして書いても、場所やニュアンスで“裏社会の住人”が見ればすぐに分かってしまう可能性がある。また、飯島愛との交流は、彼女を苦しめる男の存在に気付いてしまい、誰にも言えずに苦しんでいたとされる。

 

「一説には、この件を逆手に取られ、ASKAが『盗聴、盗撮されている』と“ギフハブ”なる集団に脅されていたという仮説が成り立ちます。なにはともあれ、告白本でこの危険なネタに触れていなかった場合、ASKA周辺の人たちにとって『実際はどうなのだろう』という疑心を再び抱かせるきっかけになりかねない。どちらに転んでも、ASKAはまた新たな関心を集めてしまうことになるでしょう」(同・関係者)

[まいじつより引用]

 

ということですが、あまり詳細に書くとASKAさんの身に危険が及んでしまうんじゃないかと心配になってしまいます。

 

特に、組織の実名が明かされれば報復を受けることは免れないでしょうし、そこまでASKAさんが腹をくくっているとすれば、その裏には重大な”何か”があることは間違いありません。

 

 

昨年、ASKAさんが再逮捕されたことで、皮肉にもこの告白本にも大きな注目が集まっている中、果たしてなにが語られるのか注目です。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

700番 第二巻/第三巻 [ ASKA ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)