この記事は約 3 分で読めます

嵐の櫻井翔さんが『NEWS ZERO』でキャスターを始めて10年。これまでもたびたびメインキャスター昇格が噂されてきましたが、その度拒絶の声が上がります。その一因は櫻井さん独特のわざとらしさだと指摘されています。

 

櫻井さんのメインキャスター昇格について、ネットでは「ニュース番組にアイドルはいらない」「ちゃんとした報道番組ならプロに任せろよ」「アイドルが簡単にメインキャスターになったら真面目に頑張ってる本職のアナウンサーが可哀想」「ジャニーズは他の畑を荒らしすぎ」といった疑問の声が多数を占めています。

 

櫻井さんは慶應義塾大学卒という学歴や家族が揃ってエリートであるという背景からもともとインテリイメージが強く、仕事を多角化したいジャニーズ事務所からすれば、アイドルや俳優業にとどまらずキャスター業へ進出させたこと自体は、自然の流れであったと思います。

 

ただそれが一般視聴者に受け入れられるかというとそうではなく、キャスターを始めたときから「ニュース番組にアイドルはいらない」といった拒絶の声はありました。

 

しかし、櫻井さんが『NEWS ZERO』のキャスターに就任して10年も経つというのに拒絶の声のほうが多いというのは、そもそも櫻井さんのキャスターとしての資質の問題なのではとする声があります。

 

「10年もの間『同番組』でキャスターを務めている櫻井ですが、ふだんのバラエティとはあからさまに違うお堅い口調、仕草やコメントで『わざとらしい』という声は以前より多かったんですが、最近になってもその印象に変化はありません。アイドルが報道をやること自体の違和感もあるのでしょうが、それ以前に櫻井がキャスターとしてどうなのか、という疑問も多いですよ。高学歴などでついつい納得してしまいがちですが、実際のところは異なるのではないでしょうか」(記者)

[トカナより引用]

 

トップアイドルとして多忙である中、現場に赴いたり取材相手の情報はきっちり頭に入れるなど、決して原稿を読むだけのお飾りではないのは確かなのですが、確かに10年もやっているという風格のようなものは感じられません。永遠の新人キャスターのようです。

 

アイドルだから拒絶されるのかというとそうでもなく、後輩の小山慶一郎さんは比較的高く評価され、メインキャスターに相応しいという声まであります。

 

もちろん小山さんに批判的な声がないわけではありませんし、そもそも小山さんは櫻井さんほどアイドルとしての露出がないために受け入れられやすいのではという声もありますが、カンペを見ずに自分の言葉で話す姿を見れば、「小山は実力、櫻井は戦略でキャスターをしている」と高く評価されていることに納得する人も多いのではないでしょうか。

 

櫻井さんのメインキャスター就任は、現実には嵐が現役である以上、週5の生放送レギュラーは難しいと思われます。

 

あるとすれば、あと10年くらい経ってグループとしてよりも個人での活動がメインになってきたころでしょうか。

 

そのころまだ拒絶の声が多いようであれば、櫻井さんは完全にキャスターに向いてないということだと思います。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢 [ 櫻井翔 ]
価格:3854円(税込、送料無料) (2017/2/3時点)