この記事は約 3 分で読めます

本日発売のフライデーが、清水アキラさんの息子でものまねタレントの清水良太郎さんと、俳優・遠藤要さんの違法賭博疑惑を報じました。

 

これを受けて、清水さんは親子揃って謝罪し、遠藤さんは謹慎処分となることが所属事務所から発表されましたが、芸能界には違法賭博に興じている人は少なくないとも。

 

その中でも「特に怪しい」とされる3人が、マスコミからマークされているといいます。

 

「まず、超有名男性アイドル・Xは、違法賭博が行われる渋谷の店舗に通っていたという目撃情報が、ここ1年以内で相次いでいます。後輩を連れてくることもあったそうで、来店時は必ずVIPルームに直行できるほどの“良客”と見なされていたようです」(週刊誌記者)

 

アイドルの違法賭博が発覚すれば大騒動となりそうだが、もしかすると“後ろ盾”に守ってもらえるという安心感から、ハメを外し過ぎているのかもしれない。

 

裏カジノにハマる芸能人の中に、ビックネームも存在した。

 

「少し古い話だと10年ほど前にも、大物司会者・Yが番組共演者らと、違法賭博店に通っていたことが有名です。Yは自身の番組で、清水らの件を取り上げることもあるでしょうが、本当は彼らを批判する資格などないはず」(前出・関係者)

 

Yがさすがに現在は大人しくしているとすれば、今さら証拠を固めるのは難しいかもしれない。

 

その一方で、すでに警察の事情聴取を受けている人物もいるという。

 

事情聴取、そして指紋まで取られているのは、若手人気俳優・Zです。爽やかなイメージとは裏腹に、以前から業界の一部では“ギャンブル狂”として知られていました。Zは暴力団関係者との麻雀賭博など、かなり危険な域に足を踏み入れているので、今回の報道を見て『自分も報道されてしまうかもしれない』と、もっとも震えている人物かもしれません」(芸能プロダクション幹部)

[デイリーニュースオンラインより引用]

 

芸能界での違法ギャンブルについては、以前から薬物疑惑同様に、その蔓延ぶりを指摘する声は数多くありました。

 

最近だと、未成年淫行疑惑騒動を引き起こした狩野英孝さんなども、その「怪しいリスト」に名前の入っていた一人です。

 

果たして、引用記事にあった3人というのはいったい誰なのか、あくまでもネットの噂をもとに検証してみます。

 

まず、超有名アイドルXについて。

 

これについては、遠藤要さんの”大親友”ということから、あのジャニーズアイドルの名前が上がっているようです。

 

“超”が付くほど有名かどうかは分かりませんが、確かに不良っぽいところはありますから、もしかすると…

 

次に大物司会者Yですが、こちらは以前からギャンブル狂であることを半ば公言しているあの人を怪しむ声は多いようです。

 

同じくギャンブル好きで、某有名麻雀番組でも共演していた蛭子能収さんが逮捕されたことがありましたが、果たして同じ穴のムジナなのかどうか…

 

最後の爽やかなイメージの若手俳優Zについては、こちらをどうぞ。

 

これが本当ならかなりショッキングというか、ちょっと信じられないというか…

 

薬物問題に加えて違法賭博に手を染める芸能人も多いとなると、芸能界のクリーン化は予想以上に遠い道のりなのかもしれません。