この記事は約 3 分で読めます

テレビ朝日の人気ドラマ「相棒」シリーズの新たな相棒役として、元SMAPの稲垣吾郎さんの名前が急浮上しています。

 

 

■視聴率が苦戦中の「相棒」で戦犯とされるのは…

 

「相棒」は現在season15が放送中ですが、第15話までの平均視聴率は14.7%と、視聴率20%超えも当たり前だったかつての勢いは完全に失われています。

 

主役の杉下右京を演じる水谷豊さんは、以前から「視聴率が15%を割ったらドラマを辞める」と公言していることもあり、この数字はかなりの危険水域。

 

そのため、テレビ朝日社内だけではなく、芸能界に関わる各方面から注目が集まっているといいます。

 

そして、その戦犯と言われているのが、現相棒の冠城亘役を演じている反町隆史さん。

 

反町さんが登場したのはseason14からで、そのときの平均視聴率は15.3%。

 

しかし、その前の相棒役である成宮寛貴さんのときには、出演した3作品がいずれも平均視聴率17%を越えていたため、「反町が相棒になってから、視聴率が徐々に落ちてきている」との声が圧倒的だといいます。

 

「冠城は現職の法務省キャリアという設定で、一時的な出向として警視庁勤務となったことで、右京に関わっていくようになりました。当初は警視庁で“お客さん”と呼ばれる門外漢でしたが、次第に刑事に興味を持ち、ついには法務省を退職して警察学校に入校します。そして、警視庁勤務となり杉下と仕事をすることになったのです。しかし、反町がキャリア官僚を演じることが似合っていなかったし、刑事として論理や推理で事件を解決することにはもっと違和感を感じます。反町は、これまでに人気になったドラマでクレバーな役を演じてきませんでした。だから、無理があるように見えるのです」(同・ライター)

[まいじつより引用]

 

スポンサーリンク

 

■現相棒・反町隆史の”処分”と次の相棒について

 

視聴率低迷の原因を反町さん一人に押し付けるのは疑問が残りますが、すでにドラマ関係者の間では「いまはどうやって降板させるのか?」が協議されているようです。

 

「今作の平均視聴率が15%以下でも、次回シリーズまでは反町が出演するでしょう。あとは、どんな終わらせ方で降板するのかが話題になっています。殉職が一番可能性が高いと言われています」(ドラマ関係者)

 

さらに、インターネット上ではすでに、後任候補の名前も挙がっている。

 

「無難なのは、二代目の相棒役を演じた及川光博の再登場です。彼はシリーズで最高の平均視聴率20.4%を記録したときの相棒役で、今シーズンにもゲストで出演しています。その対抗候補として、新たな名前が挙がっているのが稲垣吾郎です。相棒のファンサイトでは、稲垣ならいけると評判です」(ネットライター)

[まいじつより引用]

 

稲垣さんといえば、これまでも残虐な殿様からインテリ社長まで様々な役をこなしてきた、ジャニーズを代表する“名脇役”として有名です。

 

性格的にもナルシストで寡黙な印象がありますし、杉下右京というか、小難しいとされる水谷豊さんともうまくやっていけるのでは?

 

SMAP解散直後ということで話題性もありますし、及川光博さんを再び登板させるよりもインパクトは大きいでしょう。

 

ただ、稲垣さんは中居さんらとともにジャニーズを離れるとの噂もありますし、その辺りがクリアにならない限り、なかなか難しいような気もします。

 

果たして次の相棒は誰になるのか、注目です。

 

※思い切って右京を殉職させてみては?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

相棒season14 DVD-BOXII [ 水谷豊/反町隆史 ]
価格:17010円(税込、送料無料) (2017/2/24時点)