この記事は約 4 分で読めます

嵐の櫻井翔さんとの交際が報じられたテレビ朝日アナウンサー・小川彩佳アナに、ジャニーズサイドが把握していない”裏の顔”があるといいます。

 

これまでは「報道一筋の硬派な女子アナ」「父親が慶応大学病院の診療部長を務めるエリート育ち」など、クリーンで知的なイメージばかりが報じられていましたが、果たしてその裏の顔とはいったい…

 

スポンサーリンク

 

「今やジャニーズをけん引する嵐メンバーの熱愛スキャンダルとあって、本来なら事務所はマスコミ各社に後追い報道を封殺するはずなのですが、今回はわざわざコメントを出したばかりか、『友人』としてではあるものの、交友関係を認めました。昨年末に松本潤が、AV女優の葵つかさとの逢瀬がスクープされた時は、マスコミ各社に強力な圧力をかけ、スキャンダルを広めないようにしていたものの、小川アナは『報道ステーション』のサブキャスターという肩書もあってか、事務所の“お眼鏡に敵った”ということでしょう」(テレビ局関係者)

 

しかし、それはあくまでも表面的なイメージであって、実際の小川アナには、“知られざる一面”が存在していたようだ。

 

実は、小川アナはああ見えて恋愛に積極的で、昨年は『報ステ』の放送が終わると、連日のように深夜、合コンに繰り出していました。そんな彼女がいつの間にか櫻井をゲットしていたとあって、合コン三昧の日々を知る関係者はみんな驚いています」(スポーツ氏の芸能デスク)

 

確かに、毎夜のごとく合コンに参加しているとなると、これまで報じられてきた“小川アナ=清楚”というイメージは崩壊してしまう。

 

「それに、局内でも数年前、一回り近く年上の社員と交際していたことがあったし、一時期はある二世俳優とも付き合っていたという報道もあった。彼と破局後に付き合った一般男性とは婚約の話も出ていただけに、その人と別れたのは小川アナにとって相当なダメージだったのでは。だからこそ、積極的に合コンに参加して新たな出会いを求めていたのかもしれませんね」(前同)

[サイゾーウーマンより引用]

 

スポンサーリンク

 

火のないところに煙は立たぬとは言いますが、さすがにこの記事はサゲ狙いの意地悪ネタのような気がするのですが…

 

報道ステーション関係者の話として、櫻井さんと付き合うまでは深夜遅くまで続く打ち合わせにも欠かさず出席していたといいますし、小川アナのお父さんが「娘に良い縁談があれば…」と周囲に語っていたとの証言もありました。

 

32歳ともなれば交際していた男性の一人や二人いるのは当たり前ですし、結婚適齢期である以上、合コンなどに参加するのも健全といえるのでは?

 

週刊ポストの報道を見る限り、桜井さんと小川アナは真剣に交際しているようですし、ファンからも祝福の声が多く寄せられているといいます。

 

もう少し暖かい目で見守ってあげたいところです。

 

ただ、結婚となると、それはまた別問題。

 

本日付の週刊文春によると、同じジャニーズの先輩である岡田准一さんが今夏にも宮崎あおいさんと入籍することが「決まった」といいます。
[詳細]岡田准一と宮崎あおいが今夏に結婚!週刊文春より

 

さらに、森田剛さんも交際中の宮沢りえさんの誕生日となる来月初旬に「結婚するのではないか?」と言われています。
宮沢りえと森田剛が4月に結婚へ!ジャニーズも協力的なその理由

 

そんな中、SMAPなきあとのジャニーズの大黒柱となった嵐のメンバーが、リスクの高い結婚を許されるとは思えません。

 

このまま数年間は良い関係を続けて、2020年の東京オリンピックが終わった後にゴールイン!

 

こんな感じになるんじゃないかと、勝手に予想しています。

 

ただし…

 

現在、嵐は週刊誌や他の芸能事務所などから狙われているといいますし、思わぬ形で小川アナの“知られたくない過去”が暴かれる可能性もあるかもしれませんけど。

 

「『週刊ポスト』が発行されている小学館は、他誌でジャニーズを取り扱うことが多いため、“ジャニーズ御用達の雑誌”とも呼ばれています。なので、表向きはゴシップだとしても、実はジャニーズにとって都合のいい記事である可能性も否定できない。ウワサでは、実はもっと大きなジャニーズ関連のスキャンダルがあり、それを隠すための“隠れ蓑”となっているという噂もある」(芸能記者)

[デイリーニュースオンラインより引用]

 

小川アナ、じゅうぶんご注意を。

 

※そういえば、櫻井さんの妹も日テレの報道記者ーでした。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

◆◆キャスター 取材、報道、勉強、ファッション…24時間をフル活用する女たち / Worker’s Committee/編 / 広美出版事業部
価格:1360円(税込、送料別) (2017/3/2時点)