この記事は約 3 分で読めます

芸能界からの引退を宣言して、宗教団体『幸福の科学』への出家を宣言した女優の清水富美加さん。

 

元所属事務所と幸福の科学側がそれぞれ言い分を主張し、何が本当なのかいまだに良く分からない状況ですが、そんな中、お笑い芸人の長井秀和さんの動きが注目を集めています。

 

スポンサーリンク

 

■言いたい放題の長井秀和

 

問題となっているのは、永井さんが2月13日にフェイスブックへ投稿した内容。

 

《幸福の科学で出家する清水富美加さんですよね。いろいろ悩んでいるとの話も聞きますけど。ここは清水富美加さん、創価学会に改宗したらどうですかね?伸び伸び、芸能活動と宗教活動を両立できると思いますよ》

 

このように、完全に清水さんをおちょくった内容ですが、さらに《とりあえず手始めに、清水富美加さんに聖教新聞を1カ月無料贈呈しますね》とのコメントで投稿を締めたことで、創価学会員からも批判の声が上がっているといいます。

 

「反発を買っているのはそれだけではありません。池田大作名誉会長の健康状態を揶揄した上、幸福の科学の大川隆法さんに池田名誉会長の霊言を降ろしてもらって清水さんに聴かせろなどという“暴言”が問題視されています。この件に関してのクレームが、創価学会本部に殺到しています」(創価学会の古参信者)

 

俳優や歌舞伎役者、音楽家たちが集まる創価学会内のセクションである芸術部でも、長井の扱いには頭を悩ませているという。

 

長井は池田名誉会長からも目をかけられていて、中央幹部や信仰が厚い人しか呼ばれない『本部幹部同時中継』に呼ばれるほどでした。しかし、2007年10月にフィリピンで少女の“美人局被害”に遭ってからは、『海外でいい気になっているからそうなる。信心が足りない』と幹部に厳しく指導されました。その後は、ふてくされて会合に出なくなったと聞いています。もし活動していれば、池田名誉会長の健康状態、とりわけ生死を揶揄するなんてありえない話です」(創価学会芸術部関係者)

[まいじつより引用]

 

要するに「ただ甘えているだけ」ということのようですが、さすがにここまで言いたい放題で学会を怒らせているのですから、普通であれば除籍されても仕方ないのでは?

 

大川隆法さんに池田大作さんの言霊を下ろしてもらうというのは、ぜひ実現して欲しいとは思いますが…

 

 

スポンサーリンク

 

■なぜ学会を除籍されないのか

 

実は、長井さんを除籍することには、学会側にとって大きなリスクがあるといいます。

 

「創価学会は、本人の意思がなければてなかなか除籍させられません。敵と結託されて弱点を暴露されて逆襲されると、厄介な存在になるからです。特に長井は、たくさん池田名誉会長から激励の品を贈呈されたり、メッセージも山ほど頂いている。弓を引くなんて仏罰が出ます」(同・関係者)

 

創価学会では、師匠の恩と親の恩はとりわけ大切にせよという教えのようだ。

 

「芸術部副部長の久本雅美や部長の山本リンダなどが説得に出るといいのですが、いかんせん長井は人の言うことを聞く性格ではありません。難しいでしょう。会則では、会に迷惑を掛ける行為をすると除名にできますが…」(同・関係者)

 

長井は「自分からはやめない」と周囲に語っているという。

 

「信心していることを公にしていない女優やアイドルもいます。もし長井が叛意を示して、それらの芸能人の名前を暴露したら危険だと、ひやひやしているタレントは多いでしょう」(同・関係者)

[まいじつより引用]

 

この先、長井さんの”学会ネタ”はどこまでエスカレートするのでしょうか?

 

正直、外野としては長井さんをぜひ除籍処分にしてもらって、彼がどんなことを暴露するのか見てみたい気もしますが…

 

まずは、再び芸能界の表舞台に戻ってくることのほうが先決かもしれません。