この記事は約 2 分で読めます

本日発売の週刊新潮が、阪神タイガースの主将を務める福留孝介選手の不倫を報じています。

 

本誌には、20代後半と見られる“愛人女性”と深夜のカラオケデートを楽しんだ後、仲良くタクシーに乗り込むツーショット写真が掲載。

 

車が向かった先は「沖縄残波岬ロイヤルホテル」で、カモフラージュのために二人は別々の場所で降り、十数分後には彼女の部屋でふたたび合流し、二晩を共に過ごしたといいます。

 

スポンサーリンク

 

昔から「プロ野球選手は、地方各地に愛人がいる」とも言われてきましたが、チームの宿舎となっているホテルに愛人を連れ込んで、堂々と2連泊もさせてるわけですから、スゴイというか。

 

もはや”チーム公認の仲”と言っても過言ではないような気もしますが、福留選手といえば、今年から阪神タイガースの主将を任されるという重責を担う立場。

 

沖縄キャンプではルーキーや新加入の外国人選手がいち早くチームに溶け込めるよう懸命に気を配り、グラウンド外でも選手の代表として球団トップと意見交換するなど、その見事なアニキぶりはチーム内からも称賛されていたのですが…

 

週刊誌に撮られてしまったのは、ちょっとマズイのでは?

 

福留選手は1男1女の父でもありますし、40歳を目前にして、プライベートでは大きな修羅場が待ち構えていそうです。