この記事は約 2 分で読めます

松本人志さんががコメンテーターを務めている日曜日の情報バラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)が、視聴率低迷で今秋にも打ち切りになる可能性が濃厚だといいます。

 

以前から、松本さんの歯に衣着せぬ…といえばカッコイイですが、要するに感情的で一方的な発言に対する批判が多かったこの番組。

 

視聴率的にもここ最近は低迷していて、3月19日放送分の視聴率は6.8%と、同時間帯の「サンデージャポン」(TBS系)の10.0%。「誰だって波瀾爆笑」(日本テレビ系)の8.6%に大差をつけられていました。

 

スポンサーリンク

 

「高飛車で何の説得力もない物言いは、和田アキ子か松本かと言われるぐらいになっています。番組内で『コンビニで割り箸をつけるかいちいち聞くな』、『野球の試合時間が長過ぎるからルールを変えろ』と、ただ好き勝手なことを言うだけ。ご意見番の役割で世の中の常識に意見しているのでしょうが、的外れで勘違いが多いと言わざるを得ません。基本的にこの番組では酷評しかしません。視聴者も『ああ、また言ってるよ』という感じで飽きてきているのでしょう。インターネット上では、蔑みの対象ですらあります。この4月の番組改編期は乗り越えたようだが、秋の番組改編期は危ういという評判だ」(テレビ雑誌編集者)

[まいじつより引用]

 

ということですが、打ち切りには大きなハードルが存在するとも。

 

もともと、現社長はダウンダウンの兄貴分ということもあり、松本さんと昵懇の仲であることは有名な話。

 

また、爆笑問題が所属するタイタンという弱小事務所が制作する「サンデー・ジャポン」に対し、吉本興業はその何十倍もの規模を誇る芸能界最大手の事務所。

 

「ワイドナショー」が視聴率で負けたからといって、おめおめと撤退することはメンツに関わるということで、吉本興業の筆頭株主でもあるフジテレビに対して「なんとか継続を…」としぶとく食らいついているといいます。

 

「フジテレビとしてはさっさとやめたいのですが、松本が出演しているのでそう簡単にやめることもできないのです。東野を司会にしたのは、本当は低視聴率のときに東野のせいにする予定だったためです。ところが、東野以上に松本に発言権があるため、切るに切れなくなっています」(フジテレビ関係者)

[まいじつより引用]

 

このまま番組を続けていけば、松本さんが”第2の和田アキ子”として視聴者から総スカンを喰らうのは時間の問題かと。

 

今後の芸人生命を考えた時、ここで潔く撤退して本業であるお笑いバラエティに専念したほうがいいんじゃないかと思いますけど。

 

果たして、フジテレビと吉本興業の綱引きはどちらに軍配が上がるのか、注目です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

松本人志はなぜ人に媚びず自信満々に成功し続けるのか [ 遠田誠 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/4/13時点)