この記事は約 3 分で読めます

元SMAPの香取慎吾さんが、2012年から出演していた久光製薬「フェイタス」のCMキャラクターを降板し、同じジャニーズ事務所に所属する後輩の岡田准一さんが後継に抜擢されました。

 

このことでSMAPファンは大荒れ気味ですが、どうやら香取さん本人は堀北真希さんをお手本に芸能界を引退する意向のようです。

 

スポンサーリンク
久光製薬は「フェイタス」のCMキャラクター変更について「肩こりに伴う肩の痛みや腰痛に悩む30歳代半ばのお客様をメインターゲットとし、ブランドイメージの若返りを図るため」と説明しています。

 

しかし、4月12日に岡田さんが新CM発表会に参加したことが報じられると、ネットでは一部のSMAPファンから批判の声が挙がっています。

 

「事務所はそんなにSMAPのメンバーが憎いのか?」

「慎吾から仕事を取らないで」

「そんなあからさまに交代させなくてもいいのに」

 

確かに、香取さんがジャニーズから独立、或いは芸能界を引退すると見られている時期だけに、いろいろと勘繰ってしまうのは仕方ないのかもしれません。

 

しかも、宮崎あおいさんとの結婚が噂される岡田さんにも、「事務所があくまでも反対すれば、ジャニーズを退所するかもしれない」との報道があっただけに、両者に対する対照的な扱いには裏を感じてしまいます。

 

「SMAP分裂騒動で生じた事務所への不信感は、全く変わっていない。多くのSMAPファンが、新キャラクターが後輩ジャニタレだったことにショックを受けており、同時に“香取から仕事を奪ったのは事務所”と決めつけているようです。香取は15年からCMキャラクターを務めていたJAグループ宮城『みやぎ米』の契約も3月で終了しており、残すは明治『北海道十勝贅沢』シリーズのみ。この契約が終了するタイミングで芸能界引退もありえそう」(同)

 

SMAPは、解散3日後の1月3日、有料スマホサイト「ジャニーズweb」にメンバー5人の直筆メッセージを掲載。メンバーそれぞれが「また」「これからもよろしく」といった個人活動へ向けた挨拶で締める中、香取だけは「ありがとう」などと感謝の言葉を綴るのみだった。

 

「女優の堀北真希は、婚約時にはすでに引退を心に決めていたものの、CM契約がすべて終了するのをじっと待ってから芸能界引退を発表した。香取も同様に、誰にも迷惑をかけないよう、時間をかけてでもきれいに辞めたいという気持ちが強いのでは?」(同)

 

現在、香取さんには週刊文春発の隠し子騒動が勃発していますが、これまでなら考えられないようなスキャンダルが勃発したのは、ジャニーズから「守られなくなった」ためだとも言われています。

 

確かに、これまで15年近くも”秘密”が頑なに守られてきたにも関わらず、このタイミングで明るみになるというのはキナ臭いです。

 

 

そういえば堀北真希さんは、香取さんの数少ない親友の一人である山本耕史さんの妻。

 

双方の間で何かしらの相談があったとしたら…

 

香取さんが堀北さんをお手本に、最後のCM契約終了とともに芸能界引退を発表するというのも、あながち信憑性の低い話でもないのかもしれません。

 

■2016年、どうしてこんなに多くの芸能人が引退したのか?
その理由→ geinou ranking
その理由→ geinou ranking