この記事は約 3 分で読めます

嵐・相葉雅紀さん主演のフジ月9ドラマ「貴族探偵」が原因で、なぜか織田裕二さんの株が急上昇しているといいます。

 

スポンサーリンク

 

4月17日に放送された初回視聴率は11.8%で、月9としては3期ぶりにが初回2桁を記録したことで、ジャニーズよりのメディアは盛んに「合格点!」と強調。

 

今ドラマは“名門・フジ月9枠”の30周年を飾る勝負作ということで、主役級の豪華俳優陣が集結し、さらに番宣にも非常に力を入れていました。

 

それを考えると、いくら二桁達成とはいえ、11.8%という数字は”微妙”であるようにも感じますが、多くの視聴者は数字よりも主役を務める相葉さんの予想を超えた棒演技に釘付けだった模様。

 

ネットでは「相葉の演技が学芸会レベル」「1回見れば十分。来週はもう見ない」「相葉はバラエティに専念したほうがいい」といった厳しい意見が飛び交う状況に。

 

また、本来は味方であるはずの嵐ファン、相葉ファンからさえ擁護意見はあまり見られないところが、なんともツライところというか。

そのため、テレビ関係者の間では「1桁視聴率になるのは時間の問題」と囁かれているといいます。

 

「貴族探偵」の初回放送後、視聴者の間では昨年放送された織田裕二のドラマと比べる声が多く上がっているという。

「貴族が主人公のドラマといえば、『IQ246~華麗なる事件簿~』(TBS系)が昨年放送されたばかりです。そして放送当時、主演の織田は貴族を演じる上での独特な話し方が叩かれていました。しかし、今回の『貴族探偵』が放送されると、視聴者からは『相葉を見て、貴族を演じた織田の凄さがわかった』『織田は存在感からしてレベルが違った』『相葉はどこかのヘンテコ王子みたい』と、今になって織田の演技が絶賛される事態になっています」(前出・テレビ誌記者)

相葉が15年に主演したドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)では、一般人役を演じたことで、今回のような批判は殺到しなかった。しかし「貴族探偵」の主役は、浮き世離れした人物ということもあり、視聴者の目が厳しくなっているのかもしれない。

[アサ芸プラスより引用]

 

 

どこかのヘンテコ王子…

 

主役の相葉さんだけではなく、メイド役の中山美穂さんや運転手兼ボディガード役の滝藤賢一さんもそうですけど、皆さんの衣装が奇抜すぎて安っぽく見えたのは事実。

 

今ドラマは出演者の方々の高額なギャラや美術セットなどで、1本あたり1億円以上の制作費が掛かっていると言われているだけに、もったいない気もします。

 

 

 

ただ、それらを全てジョークとして消化できるなら、なかなかおもしろいドラマであることも確かかと。

 

 

今回の結果次第では、フジ月9枠が消滅する可能性も高いと言われています。

 

ジャニーズとしても、大黒柱である嵐のメンバーが「名門月9に止めを刺した戦犯」と見られることだけは避けたいはず。

 

 

来週の第2話の数字によっては、スーパー隠し玉の準備を迫られるかもしれません。

 

※原作ファンはどのように感じているのでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

貴族探偵対女探偵 [ 麻耶 雄嵩 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/4/20時点)