この記事は約 2 分で読めます

札幌を舞台にした映画『探偵はBARにいる3』で共演した北川景子さんと前田敦子さんの間に冷戦が勃発していたと週刊新潮が報じています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

■前田敦子から「同格」北川景子に仕掛けた戦い

 

週刊新潮によると、『探偵はBARにいる3』のヒロインが北川さんだというのは製作発表が大泉洋さん、松田龍平さん、北川さんの3人で行ったことからも明らかですが、そこから前田さんは不満だったといいます。

 

しかも、モデル事務所のオーナーで闇社会とも渡り合う謎多き美女を演じる北川さんに対し、前田さんはそんな北川さんに仕える役柄だというのも気に入らなかったよう。

 

通常格上に対して格下から挨拶に行くのが常識なのにそれすらしなかったため、北川さんも当然口を利かない冷戦状態に突入。

 

それもこれも、前田さんには“元AKB48のエース”というプライドと映画キャリアはほとんど変わらないという意識があるからだといいます。

 

ただし、実際には年齢もキャリア面も格上なのは明らかに北川さんであるため、非は前田さんにあると見られています。

 

スポンサーリンク

 

■前田敦子と北川景子の決定的な差

 

週刊新潮によると、扱いづらいところはふたりとも共通しているとのこと。

 

しかし、明治大学を卒業し記憶力が良く、知識、教養があるため意見を言うにも筋が通っている北川さんに対し、前田さんは「セリフ覚えも悪いし“不細工!とかネットで書かれるのを気にしてメイクも2,3時間かかる。現場で言うのは“なんでこんなことしなきゃいけないの”といったワガママ。オーラも北川に軍配が上がります」と民放局員がコメントしています。

 

ここまで来ると比べるのも失礼です。

 

前田さんは「まだ撮影やるの~? もういいじゃん」とマネージャーに愚痴っていたという話もあり、そんなに嫌なら女優やめれば?というレベル。

 

ただ前田さんがいやいや女優をやっているとも思えないので、そこまでくるとさすがにホントなのかなと疑問です。

 

きっとふだん愛想が良くないからこんなふうに言われるんでしょうね。

 

◆現場で嫌われている女優たち
性格C判定なのは誰?→ geinou ranking
性格C判定なのは誰?→ geinou ranking