この記事は約 2 分で読めます

視聴率不振が続くフジテレビの人事が発表され、長年フジテレビの事実上のトップとして君臨してきた日枝会長が相談役に退くことが明らかになりました。

 

これにより、日枝会長の絶大な権力の庇護下に置かれていたとんねるずが”完全終了”するのは時間の問題と見られています。

 

■日枝会長ととんねるずのふかーーーい関係

スポンサーリンク

 

とんねるずの石橋貴明さんと日枝氏は、1985~87年まで放送されていた『夕やけニャンニャン』からの付き合いでプライベートでも仲が良いというのは有名です。

 

現在とんねるずの唯一のレギュラー番組である『みなさんのおかげでした』の前身番組である『とんねるずのみなさんのおかげです』は、当時フジの編成局長だった日枝氏に石橋さんが直談判して誕生したといわれています。

 

それが、どんなに低迷が続いても打ち切りにならない理由だというのですが…

 

「『みなさんのおかげでした』は、2016年10月に4.7%、翌11月には4.6%を記録するなど、5%割れの悲惨な結果を残すことも。打ち切りにならないのは、『とんねるずと懇意の日枝会長がいるから』『低視聴率でも編成部が口を出せないから』といわれてきました。しかし、日枝氏の会長退任となれば、とんねるずは完全に後ろ盾をなくしてしまいます。ネット上でも『日枝会長も退任か。とんねるずの番組残るかな?』『とんねるずの立ち位置も変わるんだろうな』『ますますとんねるずの終焉が見えてくる』といった声が上がっている状態で、新体制のフジが“お荷物番組”と呼ばれる同番組を打ち切る可能性は十分にあると見ていいでしょう」(芸能ライター)

[サイゾーウーマンより引用]

 

■日枝会長の退任がフジテレビ復活のきっかけに?

日枝会長は1988年の社長就任以降、会長時代も含めて約30年に渡ってフジの全権を牛耳ってきました。

 

フジの栄枯盛衰を全て経験してきたわけですが、現在は大胆な改革が必要なフジにとって大きな“老害”となっていたことも事実。

 

今回の人事では、当然ながら日枝会長の秘蔵っ子と言われた亀山千広社長の退任も決まっていますが、”日枝色”を一掃し、本当の意味で”全面改革”に着手するためにも、その象徴とも言えるとんねるずが粛清ターゲットに選ばれる可能性は高いのでは?

 

ちょっと前には、石橋貴明さんが「番組制作会社を買収しようとしている」との噂が流れたこともありますが、表舞台から裏方への“転職”を余儀なくされるのは、時間の問題のようです。

 

※亀山社長の退任は女子アナとの不倫が原因だった!
マジ?→ geinou ranking
マジ?→ geinou ranking

 

※盛者必衰の理をあらわす…