この記事は約 3 分で読めます

  • 投稿 2017/08/18
  • 芸能

今月に放送される日本テレビ「24時間テレビ」の女性スタッフが飛び降り自殺未遂を図っていたことが明らかになりました。

 

スポンサーリンク

 

事件が起きたのは8月8日の午後9時過ぎ。

 

東京・汐留にある日本テレビの目の前のビルで「ドスン」という鈍い音が響き、周囲から悲鳴が上がったとのこと。

 

すぐに救急車と消防車、複数台のパトカーが駆けつけて大騒ぎになったようですが、飛び降りた女性は日テレの子会社Aで働く30歳前後の契約社員で、現場は大量の血が飛び散るなど、かなり凄惨な様子だったといいます。

 

「彼女はお笑い番組や歌番組の特番の制作スタッフでした。主にアシスタントプロデューサーを務め、仕事ができると評判も良かった。彼女が飛び降りたのは、日テレに隣接するAが入居するビルでした。数日前には、上司に仕事の悩みを打ち明けるメールを送っていたという話もあるようです」(Aの社員)

[週刊ポストより引用]

 

日テレ関係者によると、飛び降りた直後、会社の前にパトカーや救急車が集まったことで、日テレの番組クルーがカメラを担いで飛び出したものの、日テレの幹部が慌てて“取材はしなくていい”と止めたそうです。

 

“身内”の出来事だから報じない、報じにくいということかもしれないのですが、社内では違う憶測が流れているとか。

 

 

 

 

「彼女は8月26日から放送の『24時間テレビ』にも関わっていたそうなんです。日テレの看板番組だけに、関係会社を挙げて様々なプロジェクトに取り組んでいますが、数か月前から準備をしているものも多く、8月に入ると追い込みのため、現場の緊張感は相当なものになります。そんな中、“関係したスタッフが飛び降りた”となれば大きな影響が出かねない。飛び降りた理由や容態など、詳細を知る人は社内でもごく少数のようです」

[週刊ポストより引用]

 

日テレに取材したところ、広報が「ご指摘の方につきましては命に別状はないと聞いております。個人のプライバシーに関わることですので詳細について、お答えすることは控えさせていただきます」と答えたといいますが、飛び降りて血が大量に飛び散って、「命に別状はない」ってホントかなと思ってしまいます。。

 

女性は『24時間テレビ』の正式スタッフではなかったそうですが、『24時間テレビ』は関係会社も巻き込む一大プロジェクトであるため、この時期全く関係ないとはいえないとのこと。

 

チャリティ番組であることが前提のこの番組は、毎年出演者のギャラがどうのとネタになりますが、実際に出演者は多少なりともギャラを得ているというのは、ふなっしーが暴露しています。

 ゆるキャラリレーに5万円、マラソンランナーは…

 

一方で、スタッフは大変なようです。

 

以前、下請け制作会社も昔は5万円ほどの手当があったものの、最近はノーギャラのボランティアで徹夜していると、制作会社ADの方の証言がありました。

 

それではいろいろ溜まっても仕方ないような…

 

この因果関係がはっきりすれば、ブラック企業として批判殺到間違いなし、「感動させる」ための番組作りで疲弊する人が多いのであれば、24時間テレビの存続にも関わるでしょうね。