この記事は約 1 分で読めます

工藤静香さんがソロデビュー30周年を記念して今年は活動を活発化。十分な宣伝活動をしたにも関わらず、リリースしたアルバムが2950枚しかれなかったと報じられています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

工藤さんの記念アルバムは安全地帯の玉置浩二さんやB’zの松本孝弘さん、松井五郎さん、伊集院静さん、岸谷香さんといった大物の協力を得て作成され、インスタ開始や夏の歌の特番や発売当日のワイドショー出演、音楽番組への出演などPRに余念がありませんでした。

 

そんな中での初動2950枚、オリコン週間ランキング21位発進はやっぱり少ないですね。

 

 

 

 

 

ただ、工藤さんに関してはこのアルバム自体12年ぶりですし、木村拓哉さんと結婚する前から旬は過ぎた印象でしたから、2950枚、良く売れたのではないでしょうか。

 

もしも木村さんと結婚していなかったらすっかり過去の人で、30周年だからといっておそらくアルバムを出すなんてこともなかったのでは。

 

工藤さんが前に出だしてSMAP解散のことに言及したあたりから木村さんの印象もダダ下がりです。

 

いい夢見られたと思ってメモリアルイヤーが終わったら元の生活に戻り、「木村静香」として木村拓哉さんを陰ながら支えてた方がいいのでは。