この記事は約 3 分で読めます

元KAT-TUNの赤西仁さんが、元SMAP3人の稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの活動に合流するんじゃないかと報じられています。

 

稲垣さん、草なぎさん、香取さんの公式ファンサイト「新しい地図」が発表されてすぐ、赤西さんが「いいね」をしていたことが話題になっていましたが、それだけが理由ではないようです。

 

 

 

 

 

 

元ジャニーズだから、興味を持っているから、個人でやっているからといって、3人のところに合流できるわけではない。「赤西のいたKAT―TUNは飯島氏の管轄でもないし、飯島氏が山下智久を担当しているときに、赤西とは近づかないようにと注意したぐらいです。合流できるとは思えない」(前出の関係者)。

 

それでも、合流してもおかしくないといわれるのは赤西を支えるスタッフだ。ある芸能プロ関係者は「そもそも赤西本人にその合流したいという意思があるとは思えませんが、可能といえば可能です。というのも、赤西がいまの事務所を立ち上げるときなど、いろんなスタッフが手助けをしているんですが、そのうちの何人かは飯島さんと親密な関係と言われているんです。そのスタッフが間を取り持てば問題ないだろうということ。そもそも赤西も日本というよりもアジアなど海外への進出を見据えているし、方向性は似通っていますからね。赤西もかつてほどの勢いがなくなっているし、スタッフの後押しがあればってことで密かに動向が注目されているんです」という。赤西の動きには注意が必要かもしれない。

[リアルライブより引用]

 

KAT-TUNは確かに飯島さん管轄ではありませんでしたが、赤西さんがジャニーズを辞める直前は飯島さんが担当していました。

 

なので、スタッフが飯島さん人脈というのも不思議はありませんし、赤西さんの合流説は割と前から流れていました。

 SMAP独立組が赤西仁と合流か

 

また、飯島さんが社長を務める「カレン」と元SMAP3人の関係は、『新しい地図』によると、「これから、稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんとクリエイティブな活動をご一緒させていただきます」ということなので、従来の芸能事務所とタレントの関係というよりは、どちらかと言うとアメリカの代理人的な関係なのかなと思います。

 

その辺も、公正取引委員会の調査対象になったジャニーズを始めとする旧態依然とした芸能事務所とは一線を画する「新しい」ものなのかなと。

 

赤西さんは既に中国に進出済みで、個人である意味安定した活動をしていますし、テレビにガンガン出たいとかドラマや映画に出たいとか、そういう希望があるようには思えませんし、これからまた事務所に入って、というのだと違和感がありますが、代理人的に仕事を仲介してもらう、くらいのことはあるような気がします。

 

そもそも赤西さんはジャニー喜多川さんのお気に入りであるために、辞めるまでも辞めてからも密かな庇護下にあるという話もあって、メリーさんとジャニーさんは姉弟ではありますが、決して一枚板ではないことを思うと、ジャニーさんが飯島さんに赤西さんの世話を頼んだとしても不思議はないような。

 ジャニーズ大分裂の可能性

 

長いスパンで見ていると、面白いことがあるかもしれません。