この記事は約 2 分で読めます

9月にNMB48を卒業した木下百花さんが「百花イベント 今日の御言葉 『生きるとは』~アナタも幸せの悦びに包まれてみませんか?~」というイベントを開催し、再始動すると発表されました。

 

しかしその内容がかなりファンをバカにしたもので、デイリースポーツによると、木下さんはファンを信者に見立てた「百花教」を立ち上げるそう。

 

「私の所に来る人って、何かを求めてる人が多くて、その人に希望的なものとか面白いと感じるものを与えた時、すごい忠実になるんです。その顔を見ることが本当に好きで、あがめてくれるのが快感」ということですが、宗教団体を設立するわけではないとのこと。

 

木下さんにはNMB時代から「楽してお金を儲けたい」という考えがあり、「いずれ何もせずともお金が入ってくる状況を生み出したい」と、信者からの“お布施”で生計を立てたいということですが…

 

ちなみに木下さんはこんな方。

 

[楽天市場]

 

 

ツイッターのアカウント名を「スーパービーイング(最高の存在)フリーター」とするなど着々と準備をすすめているそうですが。

 

この方、そこまで人を集めるタイプでもないような気もします。

 

まあAKBのシステム自体、ファンを財布であると捉えていることを隠してはいませんが、それ以上ですね。

 

30日に開催予定のイベントは宗教っぽいものになるそうですが、結局それも木下さん1人でできることではありません。

 

今は吉本系の子会社であるShowtitleという事務所に所属していますから、その大人たちに踊らされされているんでしょうね。

 

 

スポンサーリンク