カテゴリー:女優の記事一覧

カテゴリー:女優

片岡愛之助が「魔女」霊能師との不倫を疑われる。妻・藤原紀香の反応は

藤原紀香さんと片岡愛之助さん夫婦がふたりで霊能師にハマっていると女性セブンが報じています。

 

霊能師はたびたび夫婦と行動を共にしていますが、それよりも頻繁に霊能師の元を訪れるのが愛之助さんとのこと。

 

[以下引用]

「ただのマッサージではありません。彼女は施術によって“オーラや魂が浄化される”と謳っていて、霊視やタロットカード占いも行います。自らを『魔女』と称することもある50代の女性で、“私はすごいパワーを持っている”と豪語している。セラピストというより、霊能師に近いのかもしれません。施術は1時間のセッションで3万円。カラダの痛みだけでなく、精神面まで癒すことができるとして、各界から注目されている。大手企業の重役などが、顧客に名を連ねているそうです」(前出・Aさんの知人)

[NEWSポストセブン]

 

その顧客の一人が愛之助さんで、夜も更けてからA子さんの部屋を訪れ、4時間も5時間も過ごして深夜に出てくると。出入りの際は周囲への警戒を怠らないそうで。

 

1時間3万円なら、愛之助さんは1回で12~15万円も支払ってることになりますね。

 

女性セブンが把握しているだけでも6月3日、10日、16日と、2週間ほどで3回も行っているので、合計36万から45万!

 

…失礼ですがお給料はいくらなんでしょうね。

 

公演中でも3度も4度も通い、一度部屋に入ると4,5時間は出てこないという状況に、歌舞伎関係者は浮気を疑っているコメントをしていましたが、記者がA子さんを直撃したところ、A子さんは紀香さんに電話し、明るく否定されてしまったよう。

 

紀香さんはもともと風水やら水晶やら水素水やら宝石水やら、こういったものが好きなことで知られています。

 

愛之助さんは結婚前はあまり関心がなかったものの、今ではマッサージでカラダのメンテナンスをするのはもちろん、メンタル面でもAさんを頼るようになっていったとのこと。

 

きっかけは、二人の子どもを望んでいることや、梨園を背負う重圧などなどということでしたが…愛之助さんもハマっちゃうんですね。

 

実は子供の頃は霊能力に興味があったといいますが、そういう子どもは珍しくないですし、今愛之助さんがハマってるのは紀香さんの影響もあるんでしょう。

 

※あらこんなところに愛之助さん

[amazon]

 

しかし紀香さんもなんというか、節操なく常に何かに依存しているイメージです。

 

そもそも1度目の結婚のときは風水師の助言を聞いていたと思うのですが、それでも離婚していますし、昔ハマった水素水は国民生活センターからその効果を否定され、最近ハマってる宝石水は典型的なニセ科学なんて言われています。

 

 

紀香さん、幸せなんでしょうか。

 


エンターテインメントランキング

 

スポンサーリンク

石原さとみはただの面倒な女だった。元彼がどうしても耐えられなかったこと

破局が報じられている石原さとみさんとIT企業社長前田裕二さんについて、女性セブンが原因は石原さんの「問い詰め」だったと報じています。

 

前田さんは細かいことはこだわらないタイプで、女優との交際には覚悟を決めていたこともあり、束縛やわがままには寛容だったとのこと。

 

そんな中、耐えられなくなってきたのが石原さんの「問い詰め」グセだったとか。

 

[以下引用]

「石原さんは、相手の気持ちがかなり気になるタイプ。山下智久さんと交際していた時もそうでしたが、浮かない顔をしているのを見ると『どうしたのかな?』と思うだけでなく『私、悪いことした?』『私のこと、嫌いになった?』と言葉にするのです。

[NEWSポストセブン]

 

※山下智久さんもお疲れ様でした。

 

前田さんについては真剣に結婚を考えていたためにさらにそれが顕著で「どうしたの?」「どこへ行くの?」「何が不満なの?」と激しかったよう。

 

こういうの、少しならともかく続けば鬱陶しいでしょうね。

 

交際が報じられたのは昨年5月でしたが、途中から半同棲状態だったといいますから、限界も早かったのかも。

 

一度距離を置いた後、2,3ヶ月経っても石原さんは交際継続を希望していたといいますが、同時に結婚も希望しており、前田さんの「恋愛はできても結婚は難しい」という気持ちが覆ることはなく、「結婚できないなら」と別れを決めたとか。

 

まあそんなことを報じていても、またいつか「石原さとみ年内結婚!」なんてどこかが報じるかもしれませんけどね。

 

今回は女性自身、女性セブンと二誌が時期を揃えて報じているので、破局の可能性が高いのかも。

 

 


エンターテインメントランキング

 

スポンサーリンク

土屋太鳳また借金!『ゴチになります』ガチ泣きの反省活かさず批判殺到

土屋太鳳さんが出演する『ゴチになります』で最下位になり「お金がない…」と泣いて田中圭さんにお金を借りバッシングを受けてから1週間。

 

今週も最下位になり、泣きはしなかったものの支払い金額13万3900円を「お金がない…」と。

 

結局、ピタリ賞を獲得していた千鳥のノブさんからお金を借りていましたが、1週間前の教訓を活かさなかったためにネットでは呆れ声が出ています。

 

確かにどうしたんでしょうね。

 

土屋さんは前回の放送の翌日に「ゴチのバトルは用意するお金の額から始まります」「用意したお金に足りないということは徹底的に負けたバトルということ。引き続き勉強したいと思います」とインスタに投稿しています。

 

先週負けたのは18万1100円、今週は13万ちょっと。

 

先週のことを覚えていれば、少なくとも先週の金額くらいはお財布に入れておくのでは。

 

収録の順番が違うとか?脚本とか?

 

いずれにせよ、こういうところが土屋さんが嫌われてしまう理由なんでしょうね。

 

でも番組的には話題になるから良いのかもしれません。

 

スポンサーリンク

井上真央真っ青!主演ドラマ『明日の約束』第5話視聴率が4.6%の衝撃

井上真央さんが2015年に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演して以来のドラマ出演だと話題だった『明日の約束』の視聴率が、第5話で前回より1.2%下落した4.6%になったことが明らかになりました。

 

これまでの推移は、8.2%→6.2%→5.4%→5.8%、で、今回の4.6%はまたガクンと来た感じです。

 

但し、上記視聴率は関東地区であり、関西地区では6.7%だったとのこと。

 

かなり厳しい数字となっています。

 

※『おひさま』は好評だったけど。[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連続テレビ小説 おひさま 総集編 [ 井上真央 ]
価格:6730円(税込、送料無料) (2017/11/22時点)

 

高校生の自死や毒親などテーマが重く、また一話完結でもないため途中から入りにくかったり、まあ理由はあるんでしょうね。

 

元ネタとなった2005年の事件は、モンペである母親と弁護士、それに翻弄されたマスコミなど、こんなことが本当に起きるんだと考えさせられるものでした。

 →『明日の約束』元ネタネタバレ

 

それのドラマ化ということで期待していたのですが、ちょっと毒を盛り込み過ぎたのかもしれません。

 

それが主演の井上さんの責任ではないにしても、大河『花燃ゆ』もワーストタイの12.0%であることを思うと、今後も主演女優でいることは難しいかも。

 

 

スポンサーリンク