カテゴリー:女優の記事一覧

カテゴリー:女優

井上真央真っ青!主演ドラマ『明日の約束』第5話視聴率が4.6%の衝撃

井上真央さんが2015年に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演して以来のドラマ出演だと話題だった『明日の約束』の視聴率が、第5話で前回より1.2%下落した4.6%になったことが明らかになりました。

 

これまでの推移は、8.2%→6.2%→5.4%→5.8%、で、今回の4.6%はまたガクンと来た感じです。

 

但し、上記視聴率は関東地区であり、関西地区では6.7%だったとのこと。

 

かなり厳しい数字となっています。

 

※『おひさま』は好評だったけど。[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連続テレビ小説 おひさま 総集編 [ 井上真央 ]
価格:6730円(税込、送料無料) (2017/11/22時点)

 

高校生の自死や毒親などテーマが重く、また一話完結でもないため途中から入りにくかったり、まあ理由はあるんでしょうね。

 

元ネタとなった2005年の事件は、モンペである母親と弁護士、それに翻弄されたマスコミなど、こんなことが本当に起きるんだと考えさせられるものでした。

 →『明日の約束』元ネタネタバレ

 

それのドラマ化ということで期待していたのですが、ちょっと毒を盛り込み過ぎたのかもしれません。

 

それが主演の井上さんの責任ではないにしても、大河『花燃ゆ』もワーストタイの12.0%であることを思うと、今後も主演女優でいることは難しいかも。

 

 

スポンサーリンク

 

『氷菓』大コケで、広瀬アリスの女優生命ピンチ

広瀬アリスさんと山崎賢人さんのW主演映画『氷菓』が初週からランキング圏外という厳しい結果だったことで、その敗因は広瀬アリスさんだと指摘されています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「先日公開された妹のすずと生田斗真のW主演映画『先生!、、、好きになってもいいですか』も出足でつまづき、彼女主演の作品としては最低の成績となりそう。その負の流れではないでしょうが、同じくアリスが女子高校生役を演じた『氷菓』のレビューも芳しくなく、大コケの様相。妹の『先生!』は公開2週目で映画興行収入ランキング8位まで落ちましたが、姉の新作は初週からベスト10圏外という惨状です」(エンタメ誌記者)

[アサジョ]

 

レビューも芳しくなくアリスさんへの酷評が目立つとのこと。

 

アリスさん、来月23歳ですからね…

 

それで高校1年生は、なかなか。

 

同学年の土屋太鳳さんも女子高生役ばかりで、なんだか女子高生がわからなくなりそうです。

 

今回の『氷菓』は山崎賢人さんとのW主演なのにアリスさんが矢面になる理由は、現在公開中の山崎さん主演の映画『斉木楠雄のΨ難』はヒット中だから、とのこと。

 

『斉木楠雄』の初動は約1億9500万円ですが、予測値では10億を超えるので、ヒット、となるようです。

 

同じ福田監督の『銀魂』は現時点で38億、今年の興行収入ランキングで邦画1位となりそうですが、まあ比べられないですね。

 

原作はアニメともども人気でファンも多いとのこと。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

氷菓(1)【電子書籍】[ 米澤 穂信 ]
価格:605円 (2017/11/8時点)

 

原作人気が高いとファンの反発もありますが、それでも『銀魂』のように面白ければ当たる可能性もあるということで、結局作り方だとしか思えません。

 

そして山崎さんは明らかに出過ぎ。

 

数打っても当たるどころか飽きますし、勝率も気にしないとコケのイメージが定着してしまいますね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

 

結果が出せず下り坂に差し掛かった広瀬すず

広瀬すずさんと生田斗真さんのW主演映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』が初週の動員数10万人でランキング5位、興行収入も1億2000万円ほどとコケてしまいました。

 

これまで出演してきた映画は主演・助演問わずそれなりの結果を出し何かと重宝されてきた広瀬さんの評価が変わるのではと言われています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「公開2週目の『ミックス。』に水をあけられ、同じく大ヒットとはいえない2週目の『斉木楠雄のΨ難』にも及ばずの5位発進。広瀬を含め、関係者はガッカリでしょう。興行収入の最低目標10億円も危ういところです。理由はいくつか考えられます。流行り廃りの激しい少女コミックの中から、90年代の原作マンガをあえて映画化していること。しかも、先生と女子生徒のありがちなステレオタイプかつファンタジー過ぎる恋愛ストーリーであること。そして“2時間たっぷり広瀬すず”に賛否両論があることです」(前出・芸能担当記者)

 

生田斗真とのW主演なのに気の毒な気もするが、観た人の感想は広瀬に向けられたものが多かった。「広瀬を可愛く撮ろうとしてるだけじゃん」「話が現実離れしすぎて笑える」「広瀬すずがあざとい小悪魔に見えた」などネットの意見は辛らつ。「ちはやふる」などを絶賛した映画評論家たちからも、今回はあまり推す声が少ない。

[アサジョより引用]

 

ということですが、いろいろネットを見たところ、広瀬さんにももちろんのこと、生田斗真さんにも批判の声はあります。

 

例えば、「先生らしい知的さが感じられない」「原作のイメージと違う」「濃すぎる」「鼻にばかり目が行く」…

 

そもそも「宣伝CMがまずムリだった」「内容が古い。今に合わない」という作品の選択自体を疑問に思う声や、「女性向けの映画なのになぜ広瀬すずを前面に出す?」という宣伝の仕方への疑問の声もありました。

 

 

※90年代からの「不朽の名作」累計発行部数570万部を突破[楽天市場]

 

 

ただ、実際に映画を観た人が感想を書いているところを見ると、同じ「広瀬すずを見るための映画」という言葉なのですが内容は肯定的なんですよね。

 

広瀬さんのバラエティでの言動や、やたらと実写化に出ていることとか、深く考えず王道ラブストーリーを楽しむ気で観ればいい作品なのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

地雷だらけで気遣い疲れ…井上真央『明日の約束』の現場が辛い

第一話が8.2%、第二話が6.2%と厳しい状況の井上真央さん主演『明日の約束』。
 
よく言われる理由は「重すぎる」「暗すぎる」というもので、たしかに毒親を多く扱い挙句に生徒の自殺までありますから観るのは疲れます。
 
そんな重たいテーマを扱うドラマの現場は意外と朗らかでよい雰囲気だそうですが、週刊文春によると、数多くの地雷があるとか。
 
 
「井上演じる日向は、恋人から『そろそろ結婚を』と迫られている。でも、『で、真央ちゃんはどうなの?』なんて気軽に結婚話はできませんよね(苦笑)」
 
井上と“結婚秒読み”ともいわれていた嵐・松本潤がセクシー女優と交際していた二股愛騒動(本誌2017年1月5日・12日号)によって、二人の関係も不透明になっているのだ。
 
「仲間にも、ダンナの浮気騒動があった。妊活をしていたらしいので『お子さんは?』なんて不用意な発言をする人はいない。役作りの邪魔になるから、うかつにプライベートの話なんてしません」(前出・現場スタッフ)
 
仲間は、俳優の田中哲司と一四年に結婚。しかし、有名ヘアスタイリストの自宅へ通う田中の“三年目の浮気”を「FRIDAY」に激写されてしまった。
[週刊文春より引用]
 
 
そもそも軽々しく「結婚は?」「子供は?」なんて、誰に対しても聞くもんじゃないと思いますけどね。
 
どちらも自分の意思だけでどうにかなるものではないですし。
 
『明日の約束』、元になった2005年の丸子実業での生徒自殺事件自体は、非常に考えるべき部分が多かったと思います。
 
 

 

 

それを全10話くらいのドラマにしようと思ったときに、暗い要素を詰め込みすぎたんでしょうか。
 
まず井上さん自身の親が毒親で、学校の生徒にも毒親が何人も、さらには唯一の清涼剤兼癒やしの存在で、場合によっては『過保護のカホコ』で竹内涼真さんが演じた麦野初的な存在にもなり得るかと思った井上さんの恋人役の工藤阿須加さんも、どこかおかしな押し方をすると思ったら、役柄は「既に亡くなっている兄の家庭内暴力を目の当たりにするなど、特殊な家庭環境の中で複雑な感情を抱きながら生きてきた。それが後に日向との関係にも影響を及ぼしていく」とのこと。
 
…ちょっと欲張り過ぎちゃったんですかね。
 
 
スポンサーリンク