カテゴリー:芸能の記事一覧

カテゴリー:芸能

井上真央真っ青!主演ドラマ『明日の約束』第5話視聴率が4.6%の衝撃

井上真央さんが2015年に大河ドラマ『花燃ゆ』で主演して以来のドラマ出演だと話題だった『明日の約束』の視聴率が、第5話で前回より1.2%下落した4.6%になったことが明らかになりました。

 

これまでの推移は、8.2%→6.2%→5.4%→5.8%、で、今回の4.6%はまたガクンと来た感じです。

 

但し、上記視聴率は関東地区であり、関西地区では6.7%だったとのこと。

 

かなり厳しい数字となっています。

 

※『おひさま』は好評だったけど。[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連続テレビ小説 おひさま 総集編 [ 井上真央 ]
価格:6730円(税込、送料無料) (2017/11/22時点)

 

高校生の自死や毒親などテーマが重く、また一話完結でもないため途中から入りにくかったり、まあ理由はあるんでしょうね。

 

元ネタとなった2005年の事件は、モンペである母親と弁護士、それに翻弄されたマスコミなど、こんなことが本当に起きるんだと考えさせられるものでした。

 →『明日の約束』元ネタネタバレ

 

それのドラマ化ということで期待していたのですが、ちょっと毒を盛り込み過ぎたのかもしれません。

 

それが主演の井上さんの責任ではないにしても、大河『花燃ゆ』もワーストタイの12.0%であることを思うと、今後も主演女優でいることは難しいかも。

 

 

スポンサーリンク

 

いきものがかり、放牧しすぎて激太り!イケメン担当・山下穂尊の現在

2017年1月から活動休止中のいきものがかりメンバー山下穂尊さんが、初エッセー集「いつでも心は放牧中」を出版しトークショーを行いましたが、その時の様子があまりに変化して驚きました。

 

こちらが放牧後、トークショーの山下穂尊さん。

 

 

 

こちらが放牧前の山下穂尊さん(右)。

 

 

もともと輪郭は四角いタイプですが、ふっくらしましたね。

 

いきものがかり時代は「イケメン担当」と言われ、かなり女性関係が派手だったようです。

 →NHKが憂慮するいきものがかりの下半身フリーダムな人物

 

活動休止宣言以降、3人それぞれの活動をしているそう。

 

今回のエッセイもその一環なんでしょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いきものがかり 山下穂尊の いつでも心は放牧中 [ 山下 穂尊 ]
価格:1699円(税込、送料無料) (2017/11/20時点)

 

スポニチによると、不仲説については「プライベートでは会う機会が増えた」と否定、今後については、「具体的には何も決めてないけど、3人で新しいことを何かやりたい」と前向きだったとのこと。

 

それにしても活動休止宣言は今年1月ですから、もう少しゆっくりしてもいいかも。

 

 

 

スポンサーリンク

 

いしだ壱成に不倫疑惑浮上!離婚直後なのに既に新恋人と半同棲。しかも19歳

10月18日に離婚を発表したいしだ壱成さんに、19才の恋人がいると週刊文春が報じています。

 

お相手は、飯村貴子さん19才。

 

※美少年だったいしださんは42才…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

未成年 DVD-BOX [ いしだ壱成 ]
価格:20191円(税込、送料無料) (2017/11/15時点)

 

今年5月のいしださん主演舞台『午前5時47分の時計台』で共演していたとのこと。

 

いしださんは離婚原因を「朝起きたら水と白湯を用意する」「その日着たい服を用意しておく」「サラダを食べる際には7種類のドレッシングを用意する」といったものすごいルールを課していたため妻が疲れてしまったとしていました。

 

離婚時期は8月半ば。

 

不倫じゃなかったとすると、飯村さんと付き合い始めたから離婚を発表したということでしょうけれど…

 

顔面麻痺は、何が原因なんでしょうね?

 

現在は谷原章介さんの妻となった女性との間に1人、でしょうか。複雑な環境ですよね。

 →谷原章介といしだ壱成が交わした約束

 

なんというか…

梅宮アンナが受験を語りしまむらをディスる。そんな娘・百々果の通う学校は…

梅宮アンナさんが13日に出演したTOKYO MX『バラいろダンディ』でしまむらだといじめられるかもと話し話題になっています。

 

スポンサーリンク

 

 

『バラいろダンディ』でママタレの子どものお受験事情について触れた際、アンナさんは10年前に経験したという自身の経験を次のように語りました。

 

 

「まあすごいんですよ、有名私立校に子どもを受からせようと思ったらいろんなものを持ってなきゃいけない。お金も物も車も。服装は、完全無欠な“お受験服”で毎日行く幼稚園もあれば、普通の格好をしていいところもある。普通でもバーキン持ってます、みたいな。しまむらさんで行ったらちょっとイジメられるかも」

[日刊スポーツより引用]

 

なにも「しまむら」と言わないでも「プチプラ」という便利な言葉もあるのですが。

 

 

 

そういう世界があるのはなんとなく知っていましたが、そういう世界なんですね。

 

半端な金持ちじゃ続かなそうです。

 

しかし、持ち物にお金がかかってないといじめられる、そんな環境で育ち大人になった人たちは、いったいどんな人になるのでしょう。

 

ちなみにアンナさんの娘・百々果さんは、アンナさんのブログによると5才の時から清泉インターナショナルスクールに通っているとのこと。

 

アンナさんは「日本の私立」の受験まっしぐらでいたようですが、お子さんが好奇心旺盛、元気いっぱいで、塾の先生には「モモカちゃんは元気だから受験の時難しいかも」と言われていたそう。

 

で、清泉インターナショナルの面接のときも、水槽に夢中になってしまったそうですが、それを「素晴らしい好奇心、元気があってよろしい」と認めてくれて入学を決めて、モモカさんはのびのびと育っているんだそう。

 

私は常に今でも思うコトですが、世の中の親御さんは、自分の子供に何を思い学校を選ぶのか?と。。。学校教育に対してどれだけの、気持ちでいるかな?と。。。

その子供の性質にあった学校選びがイチバン理想なんだが。。。

私立向きか、公立向きか、共学向きか、女子校向きか。。日本語か、英語か。。。英語を喋る場所への選択は、とても慎重でした。。

[アンナさんのブログより]

 

なんだかまっとうに思えて意外でした。

 

「港区は田舎」「品川ナンバーじゃなきゃいや」「渋谷区松濤が一番」と、それこそしまむら着ている人をいじめそうな発言や、

 →梅宮アンナのとんでも発言

 

「デブは嫌い」とものすごい発言をしてばかりのイメージなので。

 →梅宮アンナ、安藤なつに「デブは嫌い」

 

 

スポンサーリンク