タグ:テレビ朝日の記事一覧

タグ:テレビ朝日

「サタデーステーション」視聴率低迷で高島彩が早くも降板危機!後任司会には櫻井翔との熱愛交際で知名度アップの小川彩佳が浮上!

元フジテレビの高島彩アナをメインキャスターに抜擢し、今年4月に鳴り物入りで始まったテレビ朝日系の報道番組『サタデーステーション』が、視聴率不振で早くも苦境に陥っています。

 

■高島アナの起用が敗因だった?

スポンサーリンク

 

2010年にフジテレビを退社し、2011年に“ゆず”の北川悠仁さんと結婚して2児に恵まれた高島さん。

 

子育てもひと段落したことで、今回の司会就任を機に”ママキャスター”としての新境地を切り拓いていこうと意欲満々だったようですが、蓋を開けてみれば、4月22日の初回から視聴率8.7%と低調なスタート。

 

女性から絶大な人気を誇る俳優・ディーン・フジオカさん効果も全く表れず、周囲の期待を大きく裏切る結果となってしまいました。

 

しかも、それまで同時間帯で放送されていた看板番組『土曜ワイド劇場』は視聴率10%以上が当たり前だったこともあり、テレ朝局内はお通夜状態なんだとか。

 

確かに、他局ではバラエティ番組が席巻している時間帯ですし、そこにお堅い報道番組をぶち込むというのは賭けに近い戦略だったことは否めません。

 

また、「土曜ワイド劇場」は主婦層からの支持が高かったのに対し、「サタデーステーション」は高島アナをメインに男性を取り込もうという意図があったことについても、「完全に視聴者層を間違えた」との批判もあるようです。

 

■熱愛報道で一躍有名になったあの人が後任司会候補に

スポンサーリンク

 

そのため、テレ朝上層部では高島アナを1クールで降板させ、嵐・桜井翔さんとの熱愛報道の影響で「報道ステーション」を降板する可能性が高まっている小川彩佳アナを起用する案が話し合われているといいます。

 

「サタデーステーションはテレビ朝日を代表する報道番組である報道ステーションの姉妹番組で、テレ朝執行部の高い期待と共に、鳴り物入りで始まった番組です。それだけに、このまま低視聴率が続くことは許されません。高島を秋の改編で降板させ、櫻井翔との交際発覚の影響で、秋に報ステを降板する機運の高まっている小川アナを、サタデーステーションでキャスターに起用しようという声が挙がっています」(同・関係者)
[まいじつより引用]

 

ということですが、高島アナと比べて実績も知名度も劣る小川アナを起用したところで、視聴率が向上するとも思えません。

 

まだ始まったばかりですし、もうちょっと様子を見てもいいのでは?

 

しかも、もともと「土曜ワイド劇場」が打ち切りになった背景には、莫大な製作コストに見合った数字が取れていないこともあったはず。

 

「サタデーステーション」は2時間ドラマと比べれば制作費をずっと抑えられますし、コストパフォーマンスを考えればそれほど悲観する必要もないように思います。

 

「昨年から視聴率の調査方法が変わり、ドラマでは録画した視聴率(タイムシフト視聴率)も注目される反面、これは番組スポンサーのウケがあまりよろしくない側面もある。録画した番組を見る際、CMを早送りする人もいますから。その点、情報番組は大半の視聴者が録画ではなく、“生”で見ますから魅力的です」(テレビ朝日編成担当)

[産経ニュースより引用]

 

ということで、始まったばかりの「サタデーステーション」がどこまで数字を伸ばせるのか、今後の展開に注目です。

 

※将来は教祖夫人?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

彩育 伝える、変わる。 [ 高島 彩 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/21時点)

 

中居正広が昇進へ!ジャニーズ独立のお祝いにテレビ朝日が「味いちもんめ」シリーズを復活させるとの噂

6月にもジャニーズ事務所から「独立するのではないか?」と囁かれている、元SMAPのリーダー・中居正広さん。

 

現時点では独立と残留の可能性が五分五分と見られていますが、中居さんをいろいろな意味でバックアップしているテレビ朝日は独立を望んでいるようで、もしそれが実現した暁には人気ドラマシリーズ「味いちもんめ」を復活させ、主演の中居さんを花板に昇進させるご褒美を用意しているといいます。

 

■テレビ朝日の思惑とは?

スポンサーリンク

 

「味いちもんめ」は日本料理の板前の世界を描いた漫画が原作。

 

中居さん演じる板前見習いの伊橋が、数々の試練や失敗を乗り越えて成長していく物語で、1995年放送された第1シリーズは全話平均視聴率16.0%、翌年の第2シリーズは同18.1%とテレビ朝日を代表するドラマの一つでした。

 

「現在、テレビ朝日のシリーズドラマは『ドクターX』と『相棒』が人気で、『科捜研の女』と『警視庁捜査一課9係』もあります。そこへ同局の早河会長は味いちもんめを加えたいのです。早河会長は、過去にジャニーズ事務所が嫌いであると公言したことがあるので、中居の独立を待っています」(テレビ朝日関係者)

[まいじつより引用]

 

テレ朝の早河会長は昨年9月の定例記者会見で、「テレビ局が芸能事務所に振り回されていると見られるのは残念」といった趣旨の発言をしていました。

 

さらに、元SMAPメンバーを擁護するような言動も見られましたから、中居さんの独立を望んでいたとしてもおかしくはありません。

 

「味いちもんめ」を再開すれば、中居さんへの注目度も手伝って高視聴率が期待できますし、まんざら信憑性の低い話でもないかもしれません。

 

 

■亡くなった今井雅之さんの代役は誰に?

スポンサーリンク

 

ただ、「味いちもんめ」にはネックがあります。

 

それは、ストーリーの中で登場な役を演じていた今井雅之さんが、一昨年に亡くなっていることです。

 

今井さんはプライベートでも中居さんと親友の間柄でしたし、その代役となるとかなり難しい人選となることは避けられません。

 

出典:http://blog.goo.ne.jp/saku818/

 

現時点で、テレビ朝日内部では高橋克典さんと松重豊さんの名前が出ているといいますが、果たして中居さんはどのような判断を下すのでしょうか?

 

テレビ朝日には、高橋を起用する場合でも、松重でも、すでに予想される台本案がすでにあるという。

 

中居が働く料亭『藤村』が分店を出し、その分店で中居は“花板(料理長)”になる。中居の独立祝いで昇進させる筋書きだそうです」(テレビ誌編集者)

 

同ドラマの中でバカばかりやっていた中居が、一国一城の主となる設定だ。

 

「困ったときのアドバイスは『藤村』の花板(小林稔侍)に聞く。そして、今井さんが演じていた、伊橋の修業先『登美幸』の花板役は、先輩として優しく厳しく、時には暴力で中居を励ます。こうやって中居がますます成長するドラマにしたいようです」(ドラマライター)

 

ということですが、中居さんはレギュラー番組を何本も抱え、さらに新しいCMも始まったばかりですから、個人的には「残留」のセンが濃厚だと予想しますが…

 

残留・独立どちらにせよ、「味いちもんめ」シリーズはぜひ復活させて欲しいところ。

 

テレビ朝日の英断に期待したいと思います。

 

◆中居正広もビビってた!怒号飛び交う…
恐怖の撮影現場→ geinou ranking
恐怖の撮影現場→ geinou  ranking