広瀬すずさんと生田斗真さんのW主演映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』が初週の動員数10万人でランキング5位、興行収入も1億2000万円ほどとコケてしまいました。

 

これまで出演してきた映画は主演・助演問わずそれなりの結果を出し何かと重宝されてきた広瀬さんの評価が変わるのではと言われています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「公開2週目の『ミックス。』に水をあけられ、同じく大ヒットとはいえない2週目の『斉木楠雄のΨ難』にも及ばずの5位発進。広瀬を含め、関係者はガッカリでしょう。興行収入の最低目標10億円も危ういところです。理由はいくつか考えられます。流行り廃りの激しい少女コミックの中から、90年代の原作マンガをあえて映画化していること。しかも、先生と女子生徒のありがちなステレオタイプかつファンタジー過ぎる恋愛ストーリーであること。そして“2時間たっぷり広瀬すず”に賛否両論があることです」(前出・芸能担当記者)

 

生田斗真とのW主演なのに気の毒な気もするが、観た人の感想は広瀬に向けられたものが多かった。「広瀬を可愛く撮ろうとしてるだけじゃん」「話が現実離れしすぎて笑える」「広瀬すずがあざとい小悪魔に見えた」などネットの意見は辛らつ。「ちはやふる」などを絶賛した映画評論家たちからも、今回はあまり推す声が少ない。

[アサジョより引用]

 

ということですが、いろいろネットを見たところ、広瀬さんにももちろんのこと、生田斗真さんにも批判の声はあります。

 

例えば、「先生らしい知的さが感じられない」「原作のイメージと違う」「濃すぎる」「鼻にばかり目が行く」…

 

そもそも「宣伝CMがまずムリだった」「内容が古い。今に合わない」という作品の選択自体を疑問に思う声や、「女性向けの映画なのになぜ広瀬すずを前面に出す?」という宣伝の仕方への疑問の声もありました。

 

 

※90年代からの「不朽の名作」累計発行部数570万部を突破[楽天市場]

 

 

ただ、実際に映画を観た人が感想を書いているところを見ると、同じ「広瀬すずを見るための映画」という言葉なのですが内容は肯定的なんですよね。

 

広瀬さんのバラエティでの言動や、やたらと実写化に出ていることとか、深く考えず王道ラブストーリーを楽しむ気で観ればいい作品なのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク