タグ:広瀬すずの記事一覧

タグ:広瀬すず

結果が出せず下り坂に差し掛かった広瀬すず

広瀬すずさんと生田斗真さんのW主演映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』が初週の動員数10万人でランキング5位、興行収入も1億2000万円ほどとコケてしまいました。

 

これまで出演してきた映画は主演・助演問わずそれなりの結果を出し何かと重宝されてきた広瀬さんの評価が変わるのではと言われています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「公開2週目の『ミックス。』に水をあけられ、同じく大ヒットとはいえない2週目の『斉木楠雄のΨ難』にも及ばずの5位発進。広瀬を含め、関係者はガッカリでしょう。興行収入の最低目標10億円も危ういところです。理由はいくつか考えられます。流行り廃りの激しい少女コミックの中から、90年代の原作マンガをあえて映画化していること。しかも、先生と女子生徒のありがちなステレオタイプかつファンタジー過ぎる恋愛ストーリーであること。そして“2時間たっぷり広瀬すず”に賛否両論があることです」(前出・芸能担当記者)

 

生田斗真とのW主演なのに気の毒な気もするが、観た人の感想は広瀬に向けられたものが多かった。「広瀬を可愛く撮ろうとしてるだけじゃん」「話が現実離れしすぎて笑える」「広瀬すずがあざとい小悪魔に見えた」などネットの意見は辛らつ。「ちはやふる」などを絶賛した映画評論家たちからも、今回はあまり推す声が少ない。

[アサジョより引用]

 

ということですが、いろいろネットを見たところ、広瀬さんにももちろんのこと、生田斗真さんにも批判の声はあります。

 

例えば、「先生らしい知的さが感じられない」「原作のイメージと違う」「濃すぎる」「鼻にばかり目が行く」…

 

そもそも「宣伝CMがまずムリだった」「内容が古い。今に合わない」という作品の選択自体を疑問に思う声や、「女性向けの映画なのになぜ広瀬すずを前面に出す?」という宣伝の仕方への疑問の声もありました。

 

 

※90年代からの「不朽の名作」累計発行部数570万部を突破[楽天市場]

 

 

ただ、実際に映画を観た人が感想を書いているところを見ると、同じ「広瀬すずを見るための映画」という言葉なのですが内容は肯定的なんですよね。

 

広瀬さんのバラエティでの言動や、やたらと実写化に出ていることとか、深く考えず王道ラブストーリーを楽しむ気で観ればいい作品なのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

衝撃!今が旬の売れっ子3女優、広瀬すず、有村架純、高畑充希は本当はめちゃくちゃ嫌われていたことが発覚!!

先月末、ビデオリサーチ社による「テレビタレントイメージ調査」の調査結果(2017年2月度)と、「週刊文春」による「好きな俳優・嫌いな俳優 2017」が発表されました。

 

その結果を見ると、今が旬と言われる売れっ子女優が実は「嫌われている」という、衝撃の結果が浮き彫りになってくるといいます。

 

スポンサーリンク

 

「テレビタレントイメージ調査」によると、女性タレントの人気度では半年前の調査で9位だった新垣結衣(28)が2位に上昇し初のトップ3入り、首位は前回・前々回と変わらず綾瀬はるか(32)だった。綾瀬は同調査ランキングの上位常連で、安定感ある強さを誇っている。

 

また、「好きな俳優・嫌いな俳優」の「好き」部門を見てみると、こちらでも綾瀬と新垣の“強さ”がまざまざと表れる結果が出ている。このランキングは読者アンケートおよびメルマガ会員を対象に調査・集計したもので、総投票数は6900通超だったという。

 

1位こそ「文春」読者たちが心から応援している“のん”(能年玲奈)なのだが、2位に新垣結衣、3位に綾瀬がつけ、ふたりの得票数はわずか2ポイント差の大接戦。ビデオリサーチ社の調査とは反転した結果となっている。加えてこちらで5位の天海祐希(49)は、ビデオリサーチ社の好感度調査でも上位常連である(2017年2月度は3位)。この3人は好感度という観点では女優界“三強”といって差し支えないだろう。

 

翻って、文春調査の「嫌い」のみにランクインした女優にも注目してみたい。まずは不動の首位・泉ピン子に次ぐ2位に躍り出た広瀬すず(18)だ。前田敦子と藤原紀香を挟んで、5位に有村架純(24)、8位に高畑充希(25)、10位に吉田羊と意外な面々が並ぶ。前田や藤原はともかくとして、いずれもテレビCMに映画にと引っ張りだこの“旬”の女優たち。すでに全国的な知名度を獲得し、女性向けファッション誌の表紙を飾る機会も多い彼女たちが、「好き」には一切名前が上がらず「嫌い」のみにランクインしているのは不思議な現象である。人気者のはずなのにどうして?

 

おまけに、ビデオリサーチ社の調査をもう一度見てみると、20位に吉田羊、47位に広瀬すずが入っているが、有村と高畑は圏外。映画やCM起用は多く、その顔と名前を目にする機会も頻繁ではあるものの、まだまだ「好感度」という点では先輩女優たちに及ばないということなのかもしれない。

[messyより引用]

 

ということですが、この結果はそれほど意外なものでもないような気がします。

 

広瀬さん、有村さん、高畑さんの3人は決して「売れている」わけではなく、ただ単に「ゴリ推しされている」だけ。

 

所属事務所とその利権に預かる一部関係者だけが、彼女たちの本当の人気や実力などお構いなしに、自分たちの都合だけで強引に露出を増やしている―

 

これらの調査結果から分かるのは、こういった芸能界の恥部が世間にはバレバレだったということなのでしょう。

 

しかも、ゴリ押しされている当の本人たちも、まるで大物売れっ子女優であるかのような勘違い発言もしばしば見られますから、嫌われるのも仕方ないような気がします。

 

過去の事例を見ると、男優女優に関係なく、ゴリ推しされて大成功を収めた俳優はほとんどいません。

 

彼女たちが5年後も芸能界に残っているためには、今のうちに大ヒット作品を連発しておくか、世間から好かれるように努力するか、どちらかを選ぶ必要があるのでは?

 

※「嫌いな男優」部門もタイヘンなことになってるようで…
当然の結果?→ geinou ranking
当然の結果?→ geinou ranking

 

※脚本にグッと来るものを感じないと仕事を受けない-そんなこと言わないで。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高畑充希2017年カレンダー/高畑充希カレンダー
価格:2295円(税込、送料別) (2017/4/3時点)