タグ:有村架純の記事一覧

タグ:有村架純

上戸彩が中国で大ブレーク!日本での出演料の10倍以上のオファーが殺到し、第二の「のりピー」になる日も近い!

上戸彩さんが中国で大ブレークしているといいます。

 

現在、所属事務所には中国資本の会社からコンサートやディナーショー、映画などへの出演依頼が殺到しており、中には上戸ミュージアムなんていう提案書まであったとか。

 

しかも、その出演料がとんでもないことになっているようで…

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラチナムベスト BEST of UETO AYA -Single Collection-PLUS (UHQCD) [ 上戸彩 ]
価格:3240円(税込、送料無料) (2017/7/29時点)

 

「中国のエンタメ系は、まだバブルが続いているんです。だから日本の2〜3倍の出演料なんて当たり前。中には10倍の金額を提示する配給会社もいるんです」(中国芸能事情通)

日本での上戸の出演料は、ドラマで主演を演じた場合、150〜200万円。映画だと1本当たり500〜1000万円弱が相場になる。その10倍だと億にも達する…。

 

「のりピーや松田聖子らが足繁く中国圏に行っていた理由は、出演料がバカ高かったからです。上戸もギャラだけを見れば、かなり魅力的な仕事になるのではないでしょうか」(同)
[週刊実話より引用]

 

なるほど…映画1本でギャラが1億円超というのは、確かにスケールがデカイですね。

 

ハリウッド並みとは言いませんが、日本国内の映画だとなかなかそこまでの予算を掛けてくれないですから。

 

スポンサーリンク

 

それにしてもなぜ、上戸さんの人気が中国で爆発したのでしょうか?

 

それは6月に行われた上海国際映画祭で、上戸さん主演の映画「昼顔」がR指定で公開されたことと大いに関係があるといいます。

 

「中国はいまだに不倫はご法度なお国柄。だから不倫を真正面に描いた映画は受けるんです。加えて、元アイドルだった上戸が不倫妻を演じたという大きなギャップが、かなり反響を得ている。のりピーもそうだったが、中国人は“可愛いのに淫乱”というストレートな理由が受けるのです。そこに人妻とか年齢という基準は存在しないのです」(芸能記者)
[週刊実話より引用]

 

ということで、そこには中国特有の事情があるようです。

 

ちなみに、日本では10月に嵐の松本潤さん主演「ナラタージュ」という映画が公開されますが、そこではヒロイン役の有村架純さんがかなり体を張った際どいシーンに挑戦していて、関係者向けの試写会では多くの業界人が度肝を抜かれたといいます。

 

有村さんにとっては、これまでの清純なイメージから本格派女優への脱皮を図るという気合が入った作品で、かなりの衝撃作になることは確実と見られています。

 

もちろん、この映画もいずれは中国でも放映されることになると思いますが、もしかすると上戸さんに続いて大ブレークするかも…?

 

果たしてどんなことになるのか、注目です。

 

スポンサーリンク

松本潤、目に見えて人気崩落し囁かれる『ナラタージュ』『99.9』の大コケ

スポンサーリンク

 

嵐の松本潤さんの人気が急落、10月公開予定の有村架純さんとの共演映画『ナラタージュ』の興行収入に影響しそうだと報じられています。

 

 

■週刊女性「抱かれたくない男」ランキング

 

1位:田中卓志(アンガールズ)
2位:出川哲朗
3位:江頭2:50
4位:狩野英孝
5位:木村拓哉
6位:井上裕介(ノンスタイル)
7位:中岡創一(ロッチ)
7位:手越祐也(NEWS)
9位:松本潤(嵐)
10位:川谷絵音(ゲスの極み乙女。)
10位:蛭子能収

 

こういうマイナスのランキングに登場するのは人気の裏返しという話もあり、「嫌い」ランキングはそんな気がしますが、「抱かれたくない」はまたちょっと違うような。

 

たとえば昨年の6位から一つ順位をあげた木村拓哉さんは「“自分はカッコいい”みたいな感じがマジ無理」(20代・学生)、「もう嫌です。見るのも嫌」(50代・パート)という声が。

 

初登場の手越祐也さんには「チャラい。女なら手当たり次第って感じがする」(30代・契約社員)、松本潤さんには「愛がなさそうだから」(30代・主婦)と、完全にスキャンダルの影響が見られます。

 

10位に入った川谷絵音さんには「浮気相手にするにもクズすぎる」(20代・フリーター)というコメントが寄せられていましたが、今回10位なのは元の印象とスキャンダルの時期でしょうね。

 

 

 

■心配される『ナラタージュ』への影響

スポンサーリンク

 

松本さんは「嵐」のメンバーであることもあり、多忙です。

 

直近では10月にの公開を控えています。

 

この内容がまたドロドロで大人向けの描写があるとして話題になっており、それをセクシー女優との二股報道や独特の嗜好などが報じられた松本さんが演じるということで、妙にリアルな感じがあって拒絶感を訴える声もチラホラ。

 『ナラタージュ』あらすじ他

 

有村さんも、9月いっぱいまで放送されるNHKの朝ドラ『ひよっこ』では純朴な役柄で、10月にはこの『ナラタージュ』です。

 

『ひよっこ』のイメージを引きずらないという意味ではいいのでしょうが、純朴なみね子を演じているのと並行して『ナラタージュ』の宣伝も流れて、なんだか『ひよっこ』を邪魔しているような気もしたりして。

 

『忍びの国』の興行収入はロケットスタートだとたとえ尻窄みで一時的であれお祭り騒ぎになりましたが、同じ嵐のメンバー・松本さんの映画はどんな評価になるのでしょうか。

 

松本さんは2018年1月クールのTBS日曜劇場で『99.9』の続編の放送が決定していますが、こちらもスキャンダルがなかったときとは違う目で見られるでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

自己最低記録を更新!有村架純主演「ひよっこ」、東京編からキャスト追加で視聴率上昇のはずが…

有村架純さん主演のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」が5月1日に放送された第25話の平均視聴率が17.9%と初めて18%を下回り、自己最低記録を更新しました。

 

スポンサーリンク

 

 

■苦戦中の「ひよっこ」視聴率

 

2010年に放送された「ゲゲゲの女房」以降、朝ドラの視聴率は上昇しており、初回視聴率は2013年の「あまちゃん」で20.1%を記録して以来、8作連続で20%の大台を超えていました。

 

ところが、「ひよっこ」は初回19.5%でスタート。

 

その後20%台を超えたのは3回。週ごとの平均視聴率は19%台を推移しており、今回記録した17.9%というのは前回放送よりも1.3%も低い結果で、朝ドラとしては近年なかなか見ない低い数字です。

 

「ひよっこ」は東京五輪が開催された1964年から始まり、東京に出稼ぎに行ったものの行方不明になった父を捜すため、集団就職で上京する谷田部みね子(有村)の姿を描くものです。“金の卵”が自らの殻を破り、成長していく波乱万丈の青春記で、幸せな家族を取り戻す大冒険を繰り広げることになっています。

 

4月の1ヶ月は上京前の茨城編で、人格者しか登場せず刺激不足、連続して観なくても話がわかる、などと言われており、5月1日から始まる東京編で変化が出るため、ここから視聴率が上がっていくのでは、と言われていました。

 

しかし、茨城編の最後よりも1.3%もダウンという結果に。

 

 

スポンサーリンク

 

 

■「ひよっこ」の新キャストに期待をかけるも…

 

2010年以降に放送された朝ドラの中で最も全話平均視聴率が低かったのは夏菜さん主演「純と愛」の17.1%、2番めが瀧本美織さん主演「てっぱん」の17.2%です。

 

「純と愛」でも初回は19.8%スタートだったことを考えると、「ひよっこ」もどこまで転落するか、制作サイドはドキドキしているのではないでしょうか。

 

今回の脚本は、過去好評だった朝ドラ「ちゅらさん」「おひさま」の岡田惠和氏で、主演は既に実績を残している有村架純さん。

 

朝ドラはオーディションで主演を決める場合と指名で主演を決める場合がありますが、今回は指名で有村さんに決まっており、NHKとしては想定外の事態だと思われます。

 

有村さんにとっても、朝ドラ主演は女優としての地位を盤石にして今後のステップアップにつなげるものであり、逆に低視聴率女優というありがたくない看板をもらうためのものではなかったはず。

 

東京編からは元AKB48のぱるること島崎遥香さん、歌手のシシド・カフカさん、竹内涼真さんなど新たなキャストが追加され、島崎さんは茨城編ではいなかった曲者キャラを演じます。

 

そのあたりで視聴者が戻ってくるかどうかですが…あんまり島崎さんも好かれてないですし、厳しいかもしれませんね。

 

◆役作りで5キロ増やしたとは聞いたけど
これはびっくり有村架純→ geinou ranking
これはびっくり有村架純→ geinou ranking

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひよっこ(Part1) [ NHK出版 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2017/5/2時点)

 

衝撃!今が旬の売れっ子3女優、広瀬すず、有村架純、高畑充希は本当はめちゃくちゃ嫌われていたことが発覚!!

先月末、ビデオリサーチ社による「テレビタレントイメージ調査」の調査結果(2017年2月度)と、「週刊文春」による「好きな俳優・嫌いな俳優 2017」が発表されました。

 

その結果を見ると、今が旬と言われる売れっ子女優が実は「嫌われている」という、衝撃の結果が浮き彫りになってくるといいます。

 

スポンサーリンク

 

「テレビタレントイメージ調査」によると、女性タレントの人気度では半年前の調査で9位だった新垣結衣(28)が2位に上昇し初のトップ3入り、首位は前回・前々回と変わらず綾瀬はるか(32)だった。綾瀬は同調査ランキングの上位常連で、安定感ある強さを誇っている。

 

また、「好きな俳優・嫌いな俳優」の「好き」部門を見てみると、こちらでも綾瀬と新垣の“強さ”がまざまざと表れる結果が出ている。このランキングは読者アンケートおよびメルマガ会員を対象に調査・集計したもので、総投票数は6900通超だったという。

 

1位こそ「文春」読者たちが心から応援している“のん”(能年玲奈)なのだが、2位に新垣結衣、3位に綾瀬がつけ、ふたりの得票数はわずか2ポイント差の大接戦。ビデオリサーチ社の調査とは反転した結果となっている。加えてこちらで5位の天海祐希(49)は、ビデオリサーチ社の好感度調査でも上位常連である(2017年2月度は3位)。この3人は好感度という観点では女優界“三強”といって差し支えないだろう。

 

翻って、文春調査の「嫌い」のみにランクインした女優にも注目してみたい。まずは不動の首位・泉ピン子に次ぐ2位に躍り出た広瀬すず(18)だ。前田敦子と藤原紀香を挟んで、5位に有村架純(24)、8位に高畑充希(25)、10位に吉田羊と意外な面々が並ぶ。前田や藤原はともかくとして、いずれもテレビCMに映画にと引っ張りだこの“旬”の女優たち。すでに全国的な知名度を獲得し、女性向けファッション誌の表紙を飾る機会も多い彼女たちが、「好き」には一切名前が上がらず「嫌い」のみにランクインしているのは不思議な現象である。人気者のはずなのにどうして?

 

おまけに、ビデオリサーチ社の調査をもう一度見てみると、20位に吉田羊、47位に広瀬すずが入っているが、有村と高畑は圏外。映画やCM起用は多く、その顔と名前を目にする機会も頻繁ではあるものの、まだまだ「好感度」という点では先輩女優たちに及ばないということなのかもしれない。

[messyより引用]

 

ということですが、この結果はそれほど意外なものでもないような気がします。

 

広瀬さん、有村さん、高畑さんの3人は決して「売れている」わけではなく、ただ単に「ゴリ推しされている」だけ。

 

所属事務所とその利権に預かる一部関係者だけが、彼女たちの本当の人気や実力などお構いなしに、自分たちの都合だけで強引に露出を増やしている―

 

これらの調査結果から分かるのは、こういった芸能界の恥部が世間にはバレバレだったということなのでしょう。

 

しかも、ゴリ押しされている当の本人たちも、まるで大物売れっ子女優であるかのような勘違い発言もしばしば見られますから、嫌われるのも仕方ないような気がします。

 

過去の事例を見ると、男優女優に関係なく、ゴリ推しされて大成功を収めた俳優はほとんどいません。

 

彼女たちが5年後も芸能界に残っているためには、今のうちに大ヒット作品を連発しておくか、世間から好かれるように努力するか、どちらかを選ぶ必要があるのでは?

 

※「嫌いな男優」部門もタイヘンなことになってるようで…
当然の結果?→ geinou ranking
当然の結果?→ geinou ranking

 

※脚本にグッと来るものを感じないと仕事を受けない-そんなこと言わないで。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

高畑充希2017年カレンダー/高畑充希カレンダー
価格:2295円(税込、送料別) (2017/4/3時点)