タグ:水原希子の記事一覧

タグ:水原希子

水原希子が下品な方向に迷走中

このところ水原希子さんがインスタグラムに投稿する写真が露出過多だと話題になっています。

 

下着一枚であったり、下着すら身に着けていなそうな超ミニスカートだったり。

 

スタイルが良い、というか、細いのはよく分かるのですが、いったいコレは何を目指しているのか。

 

ネットでも、セクシーというより下品、たるんでる、見せるべきじゃないといったコメントが多く見られます。

 

先月公開された映画『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせガール』があっという間にランキング圏外になり、5億も難しいだろうというコケっぷりでしたし、出るドラマはあまり視聴率も取れませんし、いよいよ女優として厳しくなってきて、こういう方向に走るしかなくなって来ているんでしょうかね。

 

※評判良かったのはコレくらい[楽天市場]

 

 

 

いつだったか、週刊文春が熱愛が噂される野村周平さんとの深夜デートに直撃した動画を公開しており、それを見る限りは細くて長い脚が魅力的で、ニコニコしているのも感じが良かったのですが。

 

露出過多、いつまで続くのでしょう。

 

スポンサーリンク

水原希子が嫌われた理由は人種差別ではないという話。

水原希子さんをCMキャラクターに起用したサントリーに対して「日本人を起用しろ」といった差別的なツイートがあり騒動になっていますが、これに対して水原さんが嫌われた理由を的確に指摘している大学教授の記事がありました。

 

スポンサーリンク

 

 

サントリーに対するヘイトツイートに対し、水原さんは「みんな地球人」「私は私らしく」など差別に負けない前向きな姿勢を表明しました。

 

 

 

 

それはそれでステキなことですが、こと水原さんに関しては人種差別が原因でのヘイトではないように感じる声も多く見られます。

 

それらを東洋大学の教授が整理していました。

 水原希子ヘイト騒動の原因

 

簡単に言うと、水原さんへのヘイトは昨年水原さんがSNSで天安門に中指を立てた写真に「いいね」をし、それが中国で大騒動になったとき、自分はアメリカ人と韓国人のハーフであり日本人ではないということを明かした上で、「いいね」を謝罪し、その他自分にかけられていた政治的思想に関する疑惑を否定したことが日本人に対するヘイトであり、日本人に嫌われたというものです。

 

サントリーへの水原さんに関するツイートだけを見ると被害者ですが、それは国籍だけが原因ではないということを、御本人も理解して今後行動して頂きたいものです。

 

 

 

 

水原希子に7月クビ情報!原因は素行不良というもっともらしい噂が流れたワケ

スポンサーリンク

 

嫌われ女優というとまず名前が出てくる水原希子さんに、業界では7月にもクビになるという情報が流れていたといいます。

 

 

■水原希子がクビ。原因は素行不良

 

日刊大衆によると、業界では2017年6月に「モデル、そして女優として大活躍中の水原希子(26)が、所属事務所をクビになるというんです。原因は、“素行不良”。早ければ、7月にも解雇になると……」(芸能プロ関係者)という噂が流れていたとのこと。

 

今年に入って山本裕典さんが解雇されたり、小出恵介さんが芸能活動自粛状態になったりいろいろありましたし、その昔、沢尻エリカさんにも解雇騒動がありました。

 

ただ、理由とされる素行不良がよくわかりませんね。

 

かつて恋人だったBIGBANGのG-DRAGONさんは大麻で逮捕されたこともありますが、随分前に破局していますし。

 

水原さんはたびたびその下品なSNSが話題になりますし、昨年は天安門に中指を立てた写真にいいねしたとして騒動にはなりました。

 

その後は恋人とされる野村周平さんとの関係でちょこちょこありましたが、解雇されるほどのことはなかったと思うのですが…

 

 

■結局はガセだったクビ情報

スポンサーリンク

 

日刊大衆が今回の「クビ」情報の真偽を水原さんの所属事務所に問い合わせたところ、「(解雇は)まったくないです。どこから、そんな噂が。今は映画のプロモーションをしていますし、CMも継続中。夏以降もスケジュールが決まっていますよ」(担当者)という回答があったとのこと。

 

ちなみに、ガセを広めたとして刑事事件に発展した西田敏行さんの薬物疑惑報道は、元をたどると芸能界の大物の噂話だったという話があります。「この人が言うなら本当なのかも…」と。

 

噂というのは尾ひれがつくものですし、でもとを探るのも難しいでしょうが今回きっちり否定されてよかったですね。

 

ただ、久々に水原さんのインスタを見たら、また下品な写真が…

 

いや、ジョークの範囲なのはわかりますが、こういうのを楽しめる人だというのはちょっと距離を感じます。