タグ:週刊文春の記事一覧

タグ:週刊文春

斉藤由貴がW不倫!不倫禁止のモルモン教徒なのに…過去、尾崎豊、川崎麻世とも不倫

その昔『スケバン刑事』で初代麻宮サキを演じ、現在は渡辺直美さん主演ドラマ『カンナさーん』では義理の母の役を演じている斉藤由貴さんが、50代の開業医とW不倫していると週刊文春が報じました。

 

■週刊文春が報じた斉藤由貴の不倫

スポンサーリンク

 

斉藤さんと不倫相手の男性は同じ横浜市民とのこと。

 

二人は男性の昼休みなどに自宅以外の賃貸マンションで密会していたというのですが、斎藤さんの事務所は「個人で借りている事務所です」、相手方男性は「往診です」と答え不倫を否定しました。

 

昼休みに往診。随分仕事熱心ですね。

 

何か問われたら「往診」と答えようと考えていたんでしょうか。

 

しかし、週刊文春は手つなぎデートの様子も捉えているということなので、言い訳にしても厳しいですね。

 

 

■激太りと不倫で一線から退いていた斉藤由貴

 

斉藤さんは50歳に見えない若々しさと可愛らしさで近年注目されていますが、度重なる不倫と激太りで一線から退いていました。

 

ちなみにこちらが激太りと言われていた頃の写真です。

 

 

…痩せるっていろいろ変わるんですね。

 

 

■不倫その1・尾崎豊

 

尾崎豊さんとは1990年に雑誌の対談で出会い、尾崎さんにとって斎藤さんは、1987年12月に覚醒剤取締法違反で逮捕され留置所にいたときに斎藤さんのグラビアを見て慰められていたとかで特別な存在だったようで、すぐに仲が良くなり、2ヶ月後には北海道旅行をフライデーされています。

 

尾崎さんは1988年5月に一般人女性と結婚していたため、不倫です。

 

当初、無言を貫いていた斉藤さんでしたが、後に「同志みたいな感じでした」と答えています。

 

尾崎さんとは不倫の長期化を恐れた尾崎さんから1991年に別れを告げられ破局したとされています。

 

尾崎さんは1992年、民家の軒先で服を着ていない状態で傷だらけで発見されたのちに死亡。死因は覚醒剤中毒による肺水腫とされています。

 

 

■不倫その2・川崎麻世。そしてモルモン教徒の男性との結婚

 

1993年7月、今度は川崎麻世さんとの不倫が報じられます。

 

その不倫が原因で川崎さんは釈明会見を開きましたが、その会見は妻・カイヤさんが会場の後で仁王立ちしていたことで有名で、カイヤさんはそれを機に鬼嫁的なタレントとして活躍の場を広げていきました。

 

斉藤さんは両親ともども敬虔なモルモン教徒だとして有名で、モルモン教はアルコールやカフェイン、たばこなどを禁じる厳しい戒律で知られており、もちろん婚前交渉や不倫は厳禁とのこと。

 

川崎さんとの不倫発覚時、斉藤さんは「理性と感情の葛藤でした」「自覚がない無責任な行動で(教会から)除名処分を受けても仕方がない覚悟でいます」と泣きながら話すも、大丈夫だったんでしょうね、この不倫報道の2ヶ月後に、同じモルモン教徒の男性と出会い1年後に結婚しています。

 

そして今回3度めの不倫報道。

 

何が敬虔なモルモン教徒だという感じになってきていますが、夫もモルモン教ということは子供3人もモルモン教でしょうに、示しがつかないでしょうね。

 

スポンサーリンク

船越英一郎が離婚調停を申し立て!一方、松居一代はTwitterを開始

船越英一郎さんが松居一代さんに対し離婚調停を申し立てていることが明らかになったと週刊文春が報じています。

 

■You Tubeで“真実”を暴露していた松居一代

 

松居さんは連日の不穏なブログ更新から「週刊文春にだまされていた」「船越英一郎 裏の顔」という動画をYou Tubeにアップしさらに話題を集めたところでした。

 

7月4日、松居一代さんはYou Tubeに動画を2つアップし、船越さんはW不倫していること、これまで女性セブンが報じてきた夫婦不仲説は船越さんがリークした情報であること、船越さんの書いたノートには、女性セブンの発売日や不倫相手と密会した日にち、全ての責任を松居さんに押し付け離婚し財産を巻き上げる計画がかいてあること、さらに、週刊文春にこれまでの経緯を独占告白記事にしてもらおうとしたら、事前の約束を破られ内容を教えてもらえなかった、電話しても担当者につながらないことなどを暴露しています。

 松居一代が船越英一郎のW不倫と週刊文春の裏切りを告発

 

動画では“フナノート“の内容は映されておらず、正直なところ、船越さんがそんな証拠になるようなことをノートに残すかなという疑問はあります。

 

ただ、松居さんにとっての「真実」はあの動画が全てなんだろうなと思いました。

 

 

■松居一代に対し離婚調停を申し立てていた船越英一郎

 

松居さんと船越さんはテレビショッピングの司会で共演し約5年間の交際の後、2001年6月に入籍しています。

 

松居さんの動画によると、二人の結婚は船越さんのお父さんの猛烈な反対を乗り越えてのもので、それだけ愛し愛された関係だったとのこと。

それが、女性セブンに不仲が報じられてからはたびたび離婚報道が出るように。

 

松居さんは否定しつづけましたが、6月下旬からは「1年5ヶ月も尾行され続けているの」「サスペンスより恐ろしく怖い怖い真実」などと意味深なブログを更新するようになり、7月5日深夜、既述の動画を2つあげました。

 

そんな中、松居さんの暴走の一因となった明日発売の週刊文春では、船越さんが離婚調停を申し立てていることが報じられます。

 

「週刊文春」の取材に対し、船越の代理人弁護士は次のように説明した。

「二人の夫婦関係は完全に破綻しています。離婚について2年ほど前から話し合ってきましたが、先月28日、代理人の私から彼女に対して離婚調停申し立てを行ないました。まもなく彼女の元に『調停申立書』が届くはずです」
[週刊文春より引用]

 

不仲報道が出た頃にはすでに離婚の話が出ていたということなんですね。

 

明日の週刊文春には夫婦双方の言い分や松居さんの不穏なブログの背景、船越さんの主張なども掲載されるということですが、正直なところ、松居さんが不利なように思います。

 

松居さんがウソをついているとは思わないのですが、なぜ船越さんが離婚したくなったかは、なんとなく想像ができるような。

 松居一代の愛がコワイ

 

ちなみに松居さんは今日からTwitterをはじめました。

 

どこまでドロ沼は進むのでしょうか。

 

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

船越英一郎の京都案内 [ 船越英一郎 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/7/5時点)

 

中居正広が残留を決断した本当の理由

去就が注目されていた元SMAPメンバーが、最近の噂通り香取慎吾さん、草なぎ剛さん、稲垣吾郎さんが独立、中居正広さん残留、木村拓哉さんも当然残留という結果になりました。

 

昨年のSMAP解散騒動の流れから当初は中居さんも独立すると見られていたのに、残留を決断した本当の理由が週刊文春に書かれていました。

 

■中居正広残留の理由その1

スポンサーリンク

 

中居さんが司会業をメインとしており、テレビの世界で活躍するのがベストだからとのことでした。

 

草なぎさん、稲垣さんは俳優業であり、香取さんはアーティスト志向なので、独立してからのことを考えればジャニーズにいたほうがいいと、親交の深いプロ野球関係者や業界人に相談した結果、そういう結論になったそうです。

 

そんなこと前からわかっていたことなのに、2015年に独立を計画したときと何が違うのかというと、後ろ盾なのでしょうか。

 

飯島さんはメリー喜多川さんに週刊文春の記者の前で「飯島がどんなに仕事ができても私は娘の味方」「SMAPは踊れないからウチの子と共演させられない」と、これまでの功績とSMAP自体を否定され独立を決意したと言われています。

 メリー喜多川が飯島三智をボロクソに恫喝

 

その後木村拓哉さんも含めた5人総意のもと独立に向かって動いたときは、「SMAP」として活動を続けることも了承されていたし、芸能界のドン・田辺エージェンシー社長の後ろ盾がありましたが、木村さんの翻意によってSMAPは消滅、最近になって田辺社長は「やっぱりマネージャーがタレントを連れて独立するのは道理に反する」とか今更のことを言って手を引いたと報じられました。

 

ジャニーズに対抗できる後ろ盾と「SMAP」がなくなってしまったら、中居さんが独立自体考え直すのも当然だったかもしれません。

 

 

■中居正広残留の理由その2

スポンサーリンク

 

もうひとつの理由は「木村拓哉の思い通りにはさせない」というものです。

 

中居さんは永遠のライバル・木村さんを意識しており、週刊文春には芸能プロ関係者の「三人は、しばらく業界から干されるでしょう。中居もそこに加わって四人が干された状態になると、一人事務所に残った木村との差がついてしまう」というコメントがありました。

 

まあ本人の言葉ではないのでなんともいえませんが、そういう考えもあるかもしれません。

 

ただ、このところのスキャンダル続きでジャニーズの広告価値が崩壊しているのが事実なら、ジャニー喜多川さんに恩を感じている中居さんが、中居さんも離れることでジャニーズに対する評価がまた低下することを良しとしたかなとも思います。

 

週刊新潮には、もう限界だった香取さんたち3人を先にジャニーズから出し、きっちり一年は恩を返してから合流するという見方もあるとありました。

 

元SMAPの形はこれで落ち着いたわけではないのかもしれませんね。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あの頃映画 松竹DVDコレクション シュート! [ 中居正広 ]
価格:2000円(税込、送料無料) (2017/6/22時点)

 

小倉智昭に不倫疑惑!人妻美人記者と二人きりで高い頻度で密会!降板がまた近づく

「とくダネ!」のキャスター・小倉智昭さん70才が、40代人妻美人記者と週1ペース、しかも1対1で密会していると週刊文春が報じています。

 

 

■高い頻度で密会、しかも二人きり

スポンサーリンク

 

週刊文春によると、女性とは確認できただけでひと月に4回、そのうち2回は小倉さんの個人事務所で会っていて、女性が来るときはマネジャーをはじめ事務所スタッフ全員を退社させていた、つまり、事務所で女性と二人きりだったということです。

 

文春Webには昨年9月17日に横浜で行われた「Blue Note JAZZ FESTIVAL 2016」に二人で現れた写真があり、女性の顔はモザイクになっているものの、たしかに美人な雰囲気でした。

 

相手の人妻美人記者は40代、170センチほどの痩せ形美女で、夫共々大手新聞社社員とのこと。

 

小倉さんも30年以上連れ添った妻がいるため、これが不倫ならW不倫ということになります。

 

小倉さんは週刊文春の直撃取材に対し、「親友ですよ。すごい好きな人だし。友達だから1週間に1回会ったり、メシ食ったりしますよ。2人でいたっていいでしょう。やましいことしてませんよ、僕は。冗談じゃない!」と激怒していたとのこと。

 

小倉さん70才が不倫ってなんだか想像しがたいですが、

 

これが不倫だったらキャスターとして致命的ですし、降板もありえる事態です。

 

田中聖さんが逮捕された時に小山慶一郎さんがコメントしたように、「疑われること自体あってはならない」と思うと、二人きりになったのがそもそもの間違いです。

 

 

「冗談じゃない」と激怒するまえに、自分の行動を反省すべきではないでしょうか。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(オムニバス) とくダネ! 朝のヒットスタジオ Vol.1(CD)
価格:2120円(税込、送料別) (2017/6/21時点)