オナゴちゃんねる

オナゴちゃんねる

貴女の人生をバラ色に染めてあげたい・・・

記事一覧

衝撃!深夜の剛力彩芽よりもゴールデンの観月ありさのほうが低視聴率だった!!

4月23日に放送されたフジテレビの観月ありささん主演ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」の初回平均視聴率が6.9%だと発表されました。これは7.5%だった深夜ドラマの剛力彩芽さん主演ドラマ「女囚セブン」も下回る結果となり、衝撃を与えています。

» この記事の続きを読む

オーラゼロの篠原涼子!なぜかカメラ目線の井川遥…新学期の学校風景いろいろ

入園・入学シーズンの4月は各所で親としての芸能人の姿が目撃される時期です。週刊女性には青山学院大学付属の幼稚園の入園式にお手伝いに訪れた篠原涼子さんと井川遥さんの姿が掲載されており、そのオーラの違いが話題になっています。

 

» この記事の続きを読む

観月ありさ主演『櫻子さんの足下には死体が埋まっている」は『BONES』と織田裕二にそっくり

4月23日からフジテレビ系日曜9時に放送されている観月ありささん主演ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』が海外人気ドラマ『BONES』の「公式」パクリだと言われる理由が報じられています。

 

» この記事の続きを読む

二桁行ったのにフジ絶句!金をかけてもセンスがなく相葉雅紀『貴族探偵』は及第点には程遠い結果だった

嵐・相葉雅紀さん主演月9ドラマ『貴族探偵』の初回平均視聴率が11.8%を記録し、2作続いて一桁スタートだった月9としては嬉しい限りかと思いきや、実際には「及第点にはまったく届いていない」とフジテレビは絶句しているといいます。

 

スポンサーリンク

 

■一話あたりの予算は木村拓哉『A LIFE』を超える

 

 

『貴族探偵』は嵐の相葉雅紀さんを筆頭に仲間由紀恵さん、中山美穂さん、武井咲さんなど共演者の豪華さで話題になりました。

 

サイゾーウーマンによると、出演陣のギャラだけで1話あたり2000万円超えは確実で、制作費は1話あたり1億円レベルとなり、1月クールに放送された木村拓哉さん主演『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)を超える制作費がつぎ込まれている可能性があるとのこと。

 

ちなみに、それぞれの出演者はこちら。

 

『貴族探偵』

相葉雅紀、武井咲、生瀬勝久、木南晴夏、岡山天音、田中道子、井川遥、仲間由紀恵、滝藤賢一、中山美穂、松重豊

 

『A LIFE』

木村拓哉、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、柄本明、田中泯、小林隆、及川光博、浅野忠信

 

確かに同レベル行ってもおかしくないかもしれません。

 

ただイメージ的に医療ドラマのほうが設備のレンタル代なども掛かりそうです。貴族の衣装もそれなりに…かかるのでしょうか?

 

それでは通常のゴールデン&プライム帯ドラマの制作費は一本あたりいくらかというと、2015年7月の週刊実話に次のような記事がありました。

 

「民放一、強気なのがフジ。最低5000万円からで平均すると約7000万円。テレ朝も最近の高視聴率を受けてアゲアゲ傾向にあり、最低4000万円から。TBSは最低3000万円からだが、『天皇の料理番』などには一本7000万円~を投入している。NHKは大河が一本最低1億円~、他は最低でも5000万円~の設定。地上波で一番安いのが日テレで、1500~3500万ですべてをまかなう。こうした制作費の大半を、出演者のギャラが占めているんです」(制作会社幹部)

 

2015年は既にフジは転落ゾーンにいましたが、それでも最低でも5000万円、平均約7000万円なんですね。

 

そこからさらに落ちているとはいえ、そんなフジと最低ラインが3000万円のTBSでは、1億に掛ける気合が違いそうです。

 

スポンサーリンク

 

■お金をかければ解決できると思っていたフジ

 

とはいえ1話1億超えが破格であることは間違いなく、ここまでフジが制作費をかけたのは、この『貴族探偵』を勝負の作品と見据えたからに違いありません。

 

フジ月9は近年放送するたび歴代最低視聴率更新しているんじゃないかと思えるくらい不振が続き、30周年記念作品である『貴族探偵』の結果いかんで存続が決まると言われています。

 

いくら伝統枠とはいえ、広告料を生み出すもととなる視聴率が振るわないのであれば廃止も致し方ない流れです。

 

そのため視聴率への執着も尋常ではないようで、「嵐主演」「ミステリードラマ」「人気原作もの」「脇役も主演級」と、昨今の勝利パターンをこれでもかと詰め込んでいる印象です。

 

ところが、「正直言って、本格派ミステリーを期待していた視聴者からは、早々に飽きられており、業界内でも『1ケタ陥落は時間の問題』といわれていますよ。制作費を考えれば、フジは最低でも15%台、希望としては18%以上ほしかったはず。このままでは、やはり月9ドラマは廃止となる可能性は高いです」(制作会社スタッフ・サイゾーウーマン)とのこと。

 

最低でも15%台、希望としては18%以上って、気持ちはわかりますが木村さんでも平均14%台です。昨年4月クールTBS日曜劇場の松本潤さん主演『99.9』でやっと17%台ですから、このところドラマでひたすら一桁を刻んでいたフジが何を高望みしたのやら。

 

巷では相葉さんの演技の拙さも話題になっておりますが、どうなんでしょうね。

 

確かに相葉さんは芸達者ではありませんが、『ようこそわが家へ』のような普通の青年役は好演していたことを考えると、やっぱりフジのミスなのでは。

 

相葉さんありきでドラマを作ったんでしょうに、その相葉さんに演じられない役をやらせているわけですから。

 

それよりも個人的には、「往年のアイドル中山美穂にメイド服着させたった!」という感じにフジのズレ感を感じ見ていられませんでした。

 

今のフジは、たとえ月9を終了したとしてもその後に何をやったらいいのかわからないのでは。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

貴族探偵 [ 麻耶雄嵩 ]
価格:712円(税込、送料無料) (2017/4/23時点)