21日放送の『超アウトデラックス』に出演したゲスの極み乙女。川谷絵音さんがベッキーさんとのゲス不倫を語り、「センテンススプリング」を考えたのはベッキーさんだと明かしました。

 

 

 

 

 

『アウトデラックス』でマツコさんとナイナイの二人にベッキーさんのこと、ほのかりんのことなど弄られる中、矢部さんにあれが出ていなかったら、隠し通せると思った?」とLINEでのやりとり画像について聞かれた川谷さんは、口ごもりながら肯定。

 

ベッキーさんとのやりとりの中で文春を「センテンススプリング」と表していたことについてマツコさんに「あの言葉を考えたのはアンタじゃないでしょ?B(=ベッキー)さん?」と問い詰められ、「そうですね」と認めていました。

 

まあ聞かれたから答えたんでしょうけど、今更そんな。

 

「センテンススプリング」がベッキーさんなら「卒論」=離婚届は誰が考えたんでしょうね。

 

川谷さんは音楽の才能が評価されているから潰れない、なんて言われてましたが、結局ベッキーさんのネタが求められてのテレビ出演なんでしょう。

 

 

改めて流出したLINEのやりとり見たら、文春が報じたことを「オフィシャルになるだけ」(by川谷絵音)とか、かなり能天気だったなあと。

 

 

スポンサーリンク