タグ:石田純一
ホームPage 1 / 11
スポンサーリンク

 

6月9日、緊急事態宣言中に沖縄へゴルフをしに行き新型コロナウィルスを発症、約1ヶ月の入院生活を終え、4週間は自粛すると話していた石田さんが、4週間経過前に飲み会に参加、泥酔しマスクなしの千鳥足で帰宅する様子を報じられました。

 

 

石田純一がまた夜の街へ。抗体できたと開き直りか。反省ゼロ疑惑浮上

 

この件について石田さんは『グッディ』の直撃に答えたようで。

 

[以下引用]

前日8日に同局の取材を受けた石田は写真週刊誌の報道を知らなかったようで、「撮られた、写真を。はぁ…そうですか」と大きなため息をついた。その上で会食相手は仕事関係者と明かし、妻であるプロゴルファーの東尾理子(44)から外出を止められたが、「座して死ぬよりは、やっぱり自分の報告はけじめをつけたい」と関係者に直接おわびをしていると説明した。

また、撮影された写真にはレストランを出てから帰宅するまで、マスクをしていない姿が載っていたが、「普段は運動中でも必ずしている。レストランの後だったので、不注意でした。申し訳ありません」とわびた。

[中日スポーツ]

 

また仕事。

 

沖縄も仕事と言いつつ滞在の間に2回もゴルフ予定が入ってましたね。

 

飲み会後の石田さんの写真は何枚も撮られていましたが、まさに千鳥足。

 

途中、気分が悪いのか電柱に手をついている写真もあって、どこかでそんな感じで触ったところにもしもウイルスがついてたら、で、うっかりその手を口元に持っていってたら。

 

マスクがコロナ予防に100%とは言いませんが、そういう不注意が感染につながるんだなと。

 

またも仕事を主張していますが、そういう挨拶なら別に夜飲まなくてもいいわけで。

 

飲むと注意力も散漫になりますしね。

 

石田さんは一度罹ってその苦しさを知ってるはずなのに、その「仕事関係者」と飲み会を開いて感染の危機に晒して、よくやるなと。

 

石田さん自身も、コロナは一度罹ったらもう罹らないなんて誰も保証してない未知のウイルスなのに怖くないのかなと。

 

もしも再陽性になってたらうつしてしまうかも、みたいな心配もしないんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

ホームPage 1 / 11