この記事は約 7 分で読めます

わずか数日で一般的なサラリーマンの年収分を稼ぎ出してしまう売れっ子タレント・芸人たち。彼らをテレビで見ない日はないといっても過言ではないですが、実際にどれだけ稼いでいるのか、その気になる懐事情とは…

 

 

 

第1位:ビートたけし 推定13億円

 

ダントツトップは、圧倒的な強さを見せたビートたけしさん。

 

明石家さんまさん、タモリさんを含めた”お笑いBIG3”は番組1本のギャラが300万円だそうで、放送される時間帯やレギュラーか特番かの違いで多少の凹凸はあるものの、このラインから大きく外れることはないといいます。

 

たけしさんの場合、週に7本のレギュラー番組を持っているため、単純計算でも週給が300万円×7=2100万円となります。

 

そして、年間50週の放送とすればテレビだけで10億円以上の稼ぎになり、さらに1本1億円といわれるCM契約料が上乗せされるわけですから、この数字も納得です。

 

ちなみに、たけしさんはCM出演料をダンピングしないことで有名らしく、ギャラ1億円は譲らないといいます。

 

この価格でダメなら決裂も仕方ない―そうやってタレントとしての価値を守っているそうですが…

 

ほとんど売れていないたけし軍団もたくさんいますし、彼らの面倒を全て見ていることを考えると支出も多そうです。

 

※ところで、文化人枠ではいくら稼いでいるんでしょう?
続 聞き出す力 -
続 聞き出す力 –

 

第2位:マツコ・デラックス 推定10億円

 

続いて第2位はマツコさん。

 

番組1本あたりのギャラは100万円とビッグ3の1/3だそうですが、レギュラー8本を抱える超売れっ子ということでンキング入りを果たしました。

 

テレビ局にとって、ギャラ単価は低いのに視聴者から人気があるマツコさんはコストパフォーマンスが抜群に良いそうで、今後もこの勢いが衰えることはなさそう。

 

また、毒舌の割にとても的確な発言をすることや、周囲に対して意外に優しい人柄であることが評価され、CM出演料も推定5000万円まで上がっているんだとか。

 

ただ、いくら稼いでも使うのは食費だけというのも寂しい限りですから、早く彼女にも春がくるといいのですが…

 

※ジャニタレとの熱愛スキャンダルを待ってます。
アタシがマツコ・デラックス! -
アタシがマツコ・デラックス!
第3位:有吉弘行 推定8億4千万円

 

再ブレークして以来、超売れっ子として認識されている有吉弘行さんはレギュラー12本。

 

もっと稼いでいてもよさそうですが、有吉さんの冠番組は深夜時間帯のものも多く、ギャラも抑え気味だそうで、その分、本数を多めにして稼いでいるといいます。

 

ただ、それでも以前のギャラ(1本80万円)から比べれば、現在は1.5倍の120万円まで高騰しているそうですから、今後もこの勢いが続けば10億円の大台を超えることも…

 

ただ、最近はテレビ局関係者の間で「有吉はつまんない」といった評価も出てきているのも事実。

 

さらに、昨年は夏目三久さんとの熱愛・結婚騒動が勃発し、”芸能界の総理大臣”とも言われている田辺エージェンシーの田邊昭知社長から睨まれるようになったとも。

 

ここが踏ん張りどころかもしれません

 

※先輩や大御所にズバッとツッコめないのが気になります。
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」 (双葉文庫) -
お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」

 

第4位:太田光 推定7億8千万円

 

タブーを恐れない毒舌がウリの太田さん。

 

本来は1本150万円のギャラを貰ってもおかしくないところ、ギャラを上げることで仕事の数が減ることを嫌っているため、有吉さんと同レベルに抑えているといいます。

 

テレビ業界は前例主義ということもあって、一度上がったタレントの出演料は簡単に下げられないそうですから、この辺は爆笑問題としての戦略だと思われます。

 

ところで、相方の田中裕二さんはどのくらい貰っているのでしょうか?

 

TOP10に入っていないところを見ると数億円は差がついているようですが、結婚して子供も生まれたことですし、今後はコンビ内格差が問題にならなければいいんですけど。

 

※最終目的地は小説家?
爆笑問題 太田光自伝 (小学館文庫) -
爆笑問題 太田光自伝

 

第4位:松本人志 7億円8千万円

 

ギャラ単価200万円といわれる松本人志さん。

 

ビッグ3を除けば芸人界ではトップに位置するそうですが、これに加えて番組への企画出しなども行っているため、ギャラの他に制作協力費などの名目でかなりの額を懐に収めているようです。

 

その辺りが、相方である浜田雅功さんとの差になっているのでしょう。

 

最近は「ワイドナショー」でのご意見番ぶりが話題になることが多いですが、このまま和田アキ子さんのような嫌われ大御所となるのか、それともビートたけしさんのように映画監督や文化人としても活躍できるようになるのか…

 

そういえば、昨年末のテレビ番組でビートたけしさんが「芸人が真面目なことを言い始めて、ワイドショーとかやるようになったら終わりだよね」と、ご意見番化する松本さんを暗に批判していました。

 

これ、松本さんはどのように受け止めたのでしょうか?

 

※とりあえず、コントはまったく面白くありません。
HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成"【豪華5枚組『寸止め海峡(仮題)』よりコント3本を追加収録】 [Blu-ray] -
HITOSI MATUMOTO VISUALBUM “完成”

 

第6位:内村光良 推定7億3千5百万円

 

内村さんの場合、過去に『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』を超人気番組に育てあげた実績があるため、日テレの番組に出演する際は1本200万円と高額になるそうです。

 

また、バラエティ番組の中でTOP3に入る人気を誇る「世界の果てまでイッテQ!」も、内村さんの手腕が大きいといいます。

 

日テレにとっては、まさに「神様 仏様 内村様」といったところでしょうか?

 

フジテレビの織田裕二さん、テレビ朝日の水谷豊さんのような“特別な地位”を手に入れて、まさに安泰と言いたいところですが…

 

このまま日テレの天下が続くとは限らないですし、家族のためにも今のうちにせっせと稼いでおく必要があるのかもしれません。

 

※奥さんが復帰したのもリスク分散のため?

内村光良ぴあ (ぴあMOOK) -
内村光良ぴあ (ぴあMOOK) –

 

第7位:中居正広 推定7億2千5百万円

 

天下のスーパーアイドルにして、バラエティ界でナンバーワン司会者の呼び声も高い中居さんですから、7億超という金額も納得です。

 

噂によると、本人は今でも慎ましい生活を続けており、すでに100億円以上の貯金があるとも。

 

ただ、懸念材料もあります。

 

それは、SMAP解散で今後の進路が不透明なところ。

 

巷ではジャニーズから独立するとの噂が絶えませんが、もしそうなればジャニーズ女帝・メリー喜多川氏による執拗な嫌がらせを受けることは避けられません。

 

それに対抗する手段をどこまで考えているのか。

 

そして、それを実行する力が中居さんにはあるのか。

 

今年も芸能ニュースの中心として大きな注目を集めることは必至ですが、2018年にも芸能界に残っていられるかどうか、非常に危うい立場に立たされていることは間違いありません。

 

※オレがメリーをぶっ倒して芸能界の帝王になる!

中居正広MERAMERA★メラメラ★PRINCE J-GENERATION 11月号増刊 -
中居正広MERAMERA★PRINCE J-GENERATION 11月号増

 

第8位:タモリ 推定6億5千万円

 

タモリさんが大御所なのは分かりますが、「笑っていいとも!」が終了した現在もこんなに貰っているなんて、ちょっと信じられません。

 

レギュラー番組も数えるほどしかないですし、なにかカラクリでもあるのでしょうか?

 

ネタ元にはその辺りが詳しく書いてなかったので不明ですが、とりあえず貯金が使い切れないほど自宅金庫に眠っていることは確かでしょう。

 

そういえば、昨年夏には豪華客船の船旅を奥さんと楽しんでいたんでしたね。

 

これまで「笑っていいとも!」のせいで稼いだお金を使う暇がなかったことを考えると、これからは奥さんとゆっくりとした時間を楽しんで欲しいところ。

 

ということで、今回が最後のランクインになるかもしれません。

 

※思いっきり途切れてましたけど、テレフォンショッキングで。
タモリさんに学ぶ 話がとぎれない 雑談の技術 -
タモリさんに学ぶ 話がとぎれない 雑談の技術

 

第9位:明石家さんま 推定6億円

 

さんまさんの場合、CM契約社数ゼロというのがランクを下げた大きな要因。

 

なんでもその昔、CMに出演した際の吉本興業の取り分が大きすぎて嫌気が差したことがあるそうで、本人もラジオ番組「ヤングタウン土曜日」で「一生、CMはやりません」と宣言していましたから、今後も出ることはないでしょう。

 

なんかもったいない気もしますが、それも「本業以外では稼がない!」とい矜持なのでしょうか?

 

ただ、たまにサッカーの番組に出てきて好き勝手しゃべって帰っていくのは、世間からの反感を買うだけなのでやめた方が良いと思います。

 

ああいうの、ジワジワと好感度に響いてくると思うので。

 

※芸人は喋ってナンボや!
本人vol.11 -
本人vol.11 –

 

第10位:坂上忍 推定5億7千万円

 

バイキング効果でTOP10にランクインした坂上忍さん。

 

バイキングのギャラは1本35万円と格安ですが、これはフジテレビ側が年間契約、つまり1年間は絶対に降ろさないことを条件に減額交渉した結果のようです。

 

1本35万円なので、1週間で175万円と他の芸人さんと比べると破格の安さ…

 

しかし、バイキングでの露出効果で人気が急上昇し、今ではゴールデンのMCで1本120万円のギャラを貰ってるそうですから、笑いが止まらないことでしょう。

 

※どこが面白いのか理解できません。
坂上忍の女の人生めった斬り! ! 激辛お悩み相談室 -
坂上忍の女の人生めった斬り! ! 激辛お悩み相談

 

以上、サラリーマンとは程遠い世界のお話ですが、今後も活躍できるかどうか全く保証がないのが芸能界。

 

 

一度年収10億を経験してしまうと、半分の5億に減ってしまうことが「怖くてたまらなくなる」ともいいますし、稼いでいる本人たちははたから見るほど余裕はないのかもしれません。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

幸せなお金持ちになる すごいお金。 [ 和田 裕美 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/1/17時点)