この記事は約 3 分で読めます

元格闘家でタレントの角田信朗さんが、自らのブログでダウンタウン・松本人志さんと過去に確執があったことを暴露した騒動の黒幕が、なんと和田アキ子さんであったことが明らかになりました。

 

事の成り行きは以下の通り。

 

数年前にダウンタウンの番組の出演依頼を断ったことが原因で、松本さんから共演NGにされてしまったと、1月16日に自身のブログで訴えた角田さん。

 

それに対し、松本さんは1月22日放送「ワイドナショー」での中で「共演NGとかいう、ちっちゃい話じゃない」と猛反論。

 

なんでも、8年前の「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の企画で、角田さんに対決コーナーのレフェリーを依頼してOKの返事を貰ったものの、収録2日前になってまさかのドタキャン。

 

直前だったため代役が見つからず、収録は中止に追い込まれ、出演予定者や日テレなど関係者に大きな迷惑を掛けたといいます。

 

そのため、翌年の「ダウンタウンDX」で出演予定者の中に角田の名前を見つけたマネージャーが、彼を急遽番組から外した―というのが真相だったそう。

 

世間の同情を買って、なんとか関係修復を図ったつもりが、逆に大ブーイングを浴びせられて完全に赤っ恥をかいてしまった角田さん。

 

この直後にブログで全面的に謝罪していましたが、時すでに遅し。

 

ネット上では「売名行為」として大バッシングされ、テレビ業界の関係者たちも「もう角田は二度と使えない」と口を揃えているようで、このまま芸能界から消えていく可能性が高いといいます。

 

それにしても角田さんはなぜ、このような自ら墓穴を掘るようなマネをしてしまったのでしょうか?

 

普通であれば、こんなふうに表沙汰にせず、裏で”詫び”を入れて許しを請うしかないと思うのですが…

 

実はこの裏には、”黒幕・和田アキ子”の存在があったといいます。

 

「和田は角田の古くからの知人で芸能界の大先輩。公私ともに仲がよく『角ちゃん』『アッコさん』と呼び合うフランクな関係にある。そうした中で昨年末、2人の間には次のようなことがあったらしい。もともと松本の大ファンで確執が発生してしまい、距離間が生まれたことを長い間悩んでいた角田が意を決して和田に相談を持ちかけたところ『角ちゃん、そこまで悩むならブログで世間に問題提起してみたら。そのあとはうまく私がフォローするから』と言われ、すっかりソノ気になってしまったというのです。しかし実際にブログで『行動』を起こしたものの、余りの反響の大きさに和田は自分のラジオ番組でまるで他人事のようなコメントを発したのみで、フォローも何もせずにフェードアウト。角田は完全にはしごを外された格好となり、ついには自分で自分の首を絞めることになってしまった」(角田と付き合いの深い元正道会館関係者)

[四海方正の芸能地獄耳より引用]

 

これが本当なら、和田さんも酷い人です。

 

ですが、やはりいちばんおバカなのは角田さん本人。

 

格闘界では、以前から「角田は面倒な奴」というのは常識で、その悪評は広く知れ渡っていたといいます。

 

そのため、今回の件についても「自業自得」と突き放す声が大半を占めていて、手を差し伸べてくれる人はいない状況とのこと。

 

芸能界だけではなく、格闘界からも愛想を尽かされてしまった角田さん。

 

今後はどのような道を歩んでいくのでしょうか?

 

※しっかり心を入れ替えて、ボディビル業界で生きていけ!