この記事は約 3 分で読めます

  • 投稿 2017/08/12
  • 芸能

今週発売の写真週刊誌「フライデー」が、違法賭博に手を染めている芸能人をイニシャルで暴露しています。

 

 

「違法賭博は芸能界の中でも、特に芸人にジャンキーが多い。いまや情報番組の司会者として成功したGのKもその一人。同じく、人気コンビのTも闇カジノにハマっていました。二人とも渋谷・百軒店周辺の店に入り浸っているのを目撃しましたよ。Tに至っては彼女を同伴して見せに来ていた。バカラでスッカラカンになるたびに”あ~、またなくなっちゃった。ねえ、チップ買ってよ!”としつこく彼女にねだっていました。二人はバカラだけでなく、通常のパチンコよりも高レートで設定されている闇スロットにも夢中になっていました」(元カジノディーラー)

 

さらに、人目につかないマンションの一室でひっそりと開かれている“闇麻雀”に夢中になる芸能人もいる

 

毎年大晦日に放送される某麻雀番組の常連出演者で、俳優のMは闇麻雀では知られた存在。さらに人気男性モデルのYも、夜な夜な闇麻雀に繰り出しているようです。彼らの所属事務所も素行の悪さは認識しているようで、いつ問題を起こすかとヒヤヒヤしています」(芸能事務所スタッフ)

[フライデーより引用]

 

スポンサーリンク

 

芸能人の違法賭博といえば、今年2月に「ものまね四天王」として知られる清水アキラさんの三男・清水良太郎さんと俳優・遠藤要さんが、ともにフライデーに闇カジノへ通っていると報じられたことが記憶にあたらしいところ。

 

二人とも違法賭博をしていた事自体は否定したものの、これは氷山の一角に過ぎず、芸能人の間では「闇カジノに手を染めることは特に珍しいことではない」とも。

 

これは違法薬物と同じで、世間一般の感覚とはかなりのズレがあるような気がします。

 

 

さて、引用記事にあったイニシャルについてですが、これだけでは誰なのかを特定することはちょっとむずかしいです。

 

ただ、「情報番組の司会者として成功したGのK」については、フジテレビ系列で土曜朝に放送されている「にじいろジーン」でMCを務めている、ガレッジセールの川田広樹さんが思い浮かびました。

 

また、「毎年大晦日に放送される某麻雀番組の常連出演者で、俳優のM」というのは、やはり萩原聖人さんでしょうか?

 

ただ、普通は名前ではなくて名字でイニシャルを表すと思うので、ちょっと違うかもしれません。

 

もしかして、ムツゴロウさん…って、そんなワケないか。。

 

 

とにかく、闇カジノは違法行為であることは事実ですし、暴力団など反社会的勢力の資金源になっているとも言われています。

 

場合によっては、そういった勢力から強請られる可能性だってあるわけですし、社会的に大きな注目を集める芸能人として、その責任の大きさをよく考えた方がいいような。

 

スポンサーリンク