今旬こぼれネタ

記事一覧

ヤラセ感丸出しの紅白歌合戦「紅組勝利」に視聴者も驚愕!その不明瞭な投票システムに疑問の声続出

紅組の勝利で幕を閉じた、大みそか放送の「第67回NHK紅白歌合戦」が紅組の勝利で幕を閉じたことについて、モヤモヤとした気持ちになった視聴者が続出しているといいます。

 

紅白の勝敗は、デジタルテレビ・ワンセグ・アプリからの視聴者投票と、会場の観客による投票、そしてゲスト審査員の10票、「ふるさと審査員」1票によって決められます。

 

まず、視聴者投票の結果が「紅組 2,527,724票/白組 4,203,679票」と白組が圧倒。

 

さらに続けて、会場投票の結果は「紅組 870票/白組 1,274票」で、こちらも白組が勝利し、白組司会の嵐・相葉雅紀さんも「いえーーい!やったやった!」と喜びました。

 

そして最後、審査員から投じられたボールの数を数えると紅組のほうが多く、結果、紅組の勝ちに。

 

しかし、視聴者投票、会場投票ともに白組が紅組に大差を付けていたこともあり、「紅組優勝!」のコールが鳴り響いたときには、紅組司会の有村架純さんもも「え? どういうこと? え? えええ?」「ちょっとビックリしました。てっきり白組が勝つかと思ってたので」と、思わずホンネを漏らす事態が発生。

 

もちろん、視聴者投票の票数がそのまま結果に反映されると思い込んでいた視聴者たちからは不満の声が爆発。

 

「視聴者投票の意味なくない?」
「民意が全く反映されてなくて草」
「結果二度見した(笑)」
「来年の朝ドラヒロインは負けさせないヤラセ」

 

などと、その不明瞭な投票システムに対する批判の声が飛び交っていました。

 

実は視聴者投票と会場投票はどんなに票差が開いていても「勝ったほうにボール2個」というルールなため、最後のゲスト審査員と「ふるさと審査員」がどちらに投票するかが大きなポイントになっています。

 

その投票結果は以下の通り。

 

【視聴者投票】
紅組 2,527,724票(0個)/白組 4,203,679票(2個)

 

【会場投票】
紅組 870票(0個)/白組 1,274票(2個)

 

【審査員投票】
紅組 9票(9個)/白組 2票(2個)

 

ということで、最終的な勝敗を決めるボールの数で言うと、紅組9個に対して白組6個という結果になり、「紅組の勝ち!」ということに。

 

どうして視聴者と審査員の判断がここまでかけ離れているのか…それはまあ、ツッコまないでおきましょう。

 

ただ、NHKもいちおう公共放送なわけですから、あまりあからさまなやり方は良くないと思うんですけどね。

 

その辺り、「多少のヤラセは演出の範囲だ!」と開き直っているテレビ業界に期待するのは無理なのかもしれません。

 

※そもそも、勝敗を決めることって、何か意味があるんでしょうか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

紅白歌合戦の舞台裏 [ 合田道人 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/1/1時点)

 

ゲス・オブ・ザ・イヤー2016発表!そのトップに輝いた驚くべき人物とは・・・

激動の2016年を語る上で外せないのが「ゲス」の2文字。これはもちろん、今年始めの週刊文春スクープで明らかになった、ベッキーさんと川谷絵音さんの“ゲス不倫”に端を発した言葉ですが、これに絡んで東スポが「ゲス・オブ・ザ・イヤー2016」というものを発表しています。

この記事の続きを読む

中居正広と草彅剛が吉本興業へ移籍!ジャニー喜多川がSMAP独立組メンバーの活躍を全面バックアップ!

大晦日で解散するSMAPメンバーのうち、中居正広さんと草彅剛さんの去就が「ほぼ決まった」との情報が流れてきました。

この記事の続きを読む

オリジナリティ皆無でおっさん臭い!ファッション面でも仮面が剥がれた木村拓哉

12月20日、「第8回 男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」(ORICON STYLE)が発表され、ディーン・フジオカさんが初登場で初首位に輝きました。

 

しかし昨年1位だった木村拓哉さんは5位まで転落。

 

木村さんは確認できた範囲で3位以下にランクインしたことがなく、SMAP騒動以前から演技や存在感については賛否両論あるものの、容姿については年齢の重ね方がきれいだと高く評価されてきました。

 

にも関わらず、今回の5位まで転落したのはオッサン臭さが一因だという説があります。

 

この記事の続きを読む