オナゴちゃんねる

オナゴちゃんねる

貴女の人生をバラ色に染めてあげたい・・・

記事一覧

速報!香取慎吾と草なぎ剛が飯島三智の会社へ移籍し、中居正広と稲垣吾郎はジャニーズに残留。SMAP独立騒動は誰もが予想しなかった意外な結末に

ジャニーズ事務所の御用メディアとして知られる女性セブンが、元SMAPメンバーの「今後」について報じています。それによると、独立組の4人は中居正広さんと稲垣吾郎さんが残留、草なぎ剛さんと香取慎吾さんが独立が決まったとのことで、それぞれ袂を分かつことになるようです。

 

■木村拓哉以外の元SMAPの今後

 

昨年大騒動になったSMAP解散は、一昨年夏に飯島マネージャーとともに5人揃って独立することで話がまとまっていたにも関わらず、土壇場になって木村拓哉さんだけ残留の意思を表明し独立が頓挫、その結果木村さんとほかの4人との間が修復できない関係になり起こったと言われています。

 

それ以来、木村さんVSほかの4人という形で報じられてきましたし、昨年の大晦日、解散の当日に、中居さんと稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの4人だけで焼肉晩餐会を開いたことでも、今後この4人は同じ道を行くということなんだと見られていました。

 

ところが、女性セブンによると、9月の契約更新を前に行われる6月の意思確認を前に、最近はメンバーが集まる食事会に中居さんがいないことがあったり、草なぎさんと香取さんの2人だけが元マネジャーに連れられ関係者に挨拶していたという話があるそうです。

 

ちなみに元マネージャーの飯島さんが設立したラオックス新会社の体制が整い、新会社には元ジャニーズや芸能事務所のやり手スタッフなど辣腕のマネジャーたちが集まっているとか。
これまでジャニーズJr.やジャニーズからスタッフが次々と辞めていると報じられてきましたし、先月は5月末で木村さんが信頼していた敏腕マネージャーがジャニーズを退社すると報じられ、6月からは飯島さんに合流するのではないかと噂されていました。

 

週刊文春の記者の前で飯島さんがクビ宣告されたのは、社員にとっては「頑張っても評価されないどころかけなされる」ということの実例だったのかもしれません。

スポンサーリンク

 

 

■中居正広が残留を決めた理由

 

疑問なのが、なぜ中居さんは独立を辞めたのか、稲垣さんはどうしているのかということです。

 

女性セブンには稲垣さんについての言及はなかったのですが、中居さんについては、解散後もついてきてくれたスタッフのことを考え、「自分が無責任に立場を変えてしまえば制作の現場スタッフの仕事もどうなってしまうかわからない」という配慮のもと、ジャニーズで頑張っていきたいと思っているようだというテレビ局関係者のコメントがありました。

 

一度はジャニーズから離れる決心をしたのに、その時と今と何が違うんでしょうね。

 

ジャニー喜多川社長もSMAP元メンバーの去就を「自由にしていい」「応援する」と言っているんですし、動いちゃえばいいのにと思ったり。

 

ただ、ジャニーさんが良いと言ってもメリー喜多川さんは別で、恐ろしいのはメリーさんだとと言います。

 

もう少し、様子を見るつもりなのでしょうか。

 

すっかり蚊帳の外状態の稲垣吾郎さん、そして守られているようで守られていない、常に批判の目にさらされている木村さんと、まさかSMAPがこんな風になるとは想像もしていませんでした。
最近ユニバーサルが田原俊彦さんや元KAT-TUNの田口淳之介さん、赤西仁さんら元ジャニーズとメジャー契約をしたと話題になっていましたが、それと飯島さんがもしもつながっていたら、また数年後は違う芸能界の勢力図ができているのかもしれません。

 

 

 

視聴率低迷のフジテレビ「月9」打ち切り決定へ。キャスティングとスポンサー確保の目処立たず、次クールの山下智久&新垣結衣「コードブルー」が最後の作品に

相葉雅紀さん主演「貴族探偵」第6話の平均視聴率が、これまでで最低となる7.5%だったことを受けて、ついにフジテレビの名門月9枠が次クールを以って廃止となることが決定したといいます。

 

同ドラマは、月9ドラマ枠の30周年記念作として、フジテレビが総力を結集して作り上げた力作でしたが、前クールの「突然ですが、明日結婚します」が記録した月9史上最低視聴率5.0%を下回る可能性も浮上するほどに苦戦中。

 

さらに、先日退任が発表された亀山社長は月9低迷の詰め腹を切らされたとも言われており、すでに業界では「枠廃止はやむを得ない」という見方が大勢を占めています。

 

 

■誰も出たがらない月9

スポンサーリンク

 

ここ最近の月9は毎クールのように低視聴率が話題となり、もはや完全にそのブランド価値は過去のものとなっています。

 

ただ、フジテレビは月9に限らず、他のドラマもここ数年は総崩れの状態が続いており、回復の兆しも全く見えていません。

 

そのため、すでに大手芸能事務所は軒並み、自社の俳優をフジに出すことを渋り始めていたといいますが、国民的アイドルである嵐のメンバーを主役に据え、さらに超豪華なキャスト陣を揃えたにも関わらず惨敗となった「貴族探偵」の体たらくを見て、一斉にフジのドラマから撤退する可能性も出てきています。

 

それはもちろん、ジャニーズ事務所も同様。

 

今年10月期には木村拓哉さんの主演ドラマで内定していたといいますが、ジャニーズとベッタリだった亀山千広社長の退任が決まったこともあり、ジャニーズは正式にキムタクの出演を断ったとのこと。

 

これにより、秋以降の月9は企画もキャスティングも白紙となり、今からゼロから立ち上げていくのは相当厳しい状況となっているようです。

 

※月9の栄光を築き上げたキムタクが、月9に引導を渡す…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 木村拓哉・山口智子  ロングバケーション DVD
価格:19800円(税込、送料無料) (2017/5/24時点)

 

 

■スポンサー選びも難航中

スポンサーリンク

 

 

また、キャスティングだけではなく、スポンサー選びも難航しているといいます。

 

 

月9枠は過去の長い取引の関係もあり、ここ最近の低迷にも関わらず大手スポンサーは見捨てずに復活を待っていてくれていました。

 

そんな中、前期の西内まりやさん主演「突然ですが、明日結婚します」が月9史上最低となる全話平均視聴率6.6%という悲惨な数字を叩き出し、スポンサーが一斉に手を引こうとする事態が発生。

 

それに対し、フジはなんとか超人気グループである嵐の相葉さんを主役に据え、主役級の俳優をズラリと揃えることで、スポンサーをつなぎとめたものの、今期の「貴族探偵」はアッサリと大爆死してしまいましたからね。

 

さすがに企業側もこれでは社内的な合意を得ることは難しいですし、これ以上のスポンサー契約はムリでしょう。

 

次期の山下智久さん主演「コード・ブルー」は、過去シリーズが高視聴率をマークしていたこともあってなんとかスポンサーは確保できたようですが、それ以降は全く見通しが立っていないとのこと。

 

企画も白紙、キャスティングも全くの未定、そしてスポンサー確保も絶望的となれば、選べる道はただ一つ。

 

現在、フジテレビ社内では社長が交代して新経営体制になるのを機に、改革の姿勢を世間に示すためにも「コード・ブルーを最後に月9枠は廃止」となることが決定しているそう。

 

 

フジテレビの栄光の象徴とされてきた”月9”は、その立役者である亀山社長とキムタクの退場とともに、その歴史に幕を閉じることになりそうです。

 

※最後くらい、有終の美を飾って下さい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 スペシャル [ 山下智久 ]
価格:4665円(税込、送料無料) (2017/5/24時点)

 

ジャニーズ解雇&NEWS脱退の可能性も!手越祐也が福岡金塊強奪犯・小松崎太郎容疑者と親しく交際していた証拠写真がフェイスブックで発見されるも、事務所はノーコメント

昨年7月に起きた福岡の7億5000万円金塊強奪事件で逮捕された小松崎太郎容疑者が、ジャニーズの手越祐也さんと一緒に豪遊していたとされる写真がフェイスブックで発見され、大きな話題となっています。

 

 

■小松崎太郎容疑者の華麗な?人脈

スポンサーリンク

 

小松崎容疑者は強奪犯グループの中心メンバーで、金塊の換金役を担っていたとのこと。

 

 

本人のものと見られるフェイスブックの友達リストには、タイの王族やスリランカ政府の大物、さらには全国各地の県議や区議、市議などの政治家、経営者、医師、芸能関係者、モデル、ダンサー、銀座のクラブママなどがズラリ。

 

さらには2011年に証取法違反で有罪判決が確定した有名実業家や、みずほ銀行から融資金約2億円をだまし取った詐欺罪で2年前に実刑判決を受けたベンチャー企業の社長の名前もあったそう。

 

これらは全て、自分自身を大きく見せて相手を信用させ、犯罪の成功率を高めるためのエサだったと見られていますが、その中には見過ごせない名前も。

 

それは、ジャニーズグループ・NEWSのメンバーとして活躍中の手越祐也さんで、小松崎容疑者のフェイスブックには、一緒に飲んでいる写真が掲載されていました。

 

 

■手越祐也との関係は?

スポンサーリンク

 

以下が問題とされている写真です。

 

 

これは、2011年に東京・西麻布で撮られたもののようですが、小松崎容疑者と並んで座りVサインをするなど、とても親しげなのが印象的です。

 

芸能界随一の遊び人として、これまで様々な女性との浮名を流してきた手越さんですが、まさか凶悪犯ともお知り合いだったとは驚き。

 

報道元の日刊ゲンダイは、さっそく手越さんと小松崎容疑者の関係についてジャニーズ事務所に問い合わせたといいますが、電話はつながらず返答はなかったとのこと。

(23日午後4時時点)

 

 

ちなみに、同じく「友達」になっていた北海道のある市議は、日刊ゲンダイの取材に対して次のように回答しています。

 

「友達申請があると、とりあえずOKしてしまうので、(小松崎容疑者とは)一度も会ったことがないし、まったく誰だか分かりません」

 

また、同じく「友達」だったデヴィ夫人も「面識もない、存じ上げない方です」と、関係をきっぱり否定しています。

 

それなのに、手越さんサイドが凶悪犯罪者との親しげな写真について問われて”ノーコメント”というのは、芸能人の対応としてどうなのか疑問が残ります。

 

ただ、ジャニーズ側が「ヤバイ!」と感じて対応を協議していることは明らかでしょう。

 

ジャニーズに所属するタレントは、理由を問わずプライベートで写真を撮らせるのは厳しく禁じられています。

 

手越さん本人も、以前から「プライベートの時間は素でいられる大切な時間」と公言していますし、それなのに写真を撮らせたというのはよほど気を許した相手である可能性も高いです。

 

 

 

今後、ジャニーズからも何かしらの反応があると思いますが、手越さんは先日もプライベートLINE流出騒動で大きな批判を受けたばかり。

 

あまり問題ばかり起こしていると、NEWS脱退、あるいはジャニーズ解雇という厳しい処分を下される可能性もありそうです。

 

※手越祐也のLINE流出で発覚した、女性関係よりもヤバイ…
あの件→ geinou ranking
あの件→ geinou ranking

 

※昔は素朴な青年だったのに。

 

大阪女学院出身の堂珍敦子の子供に対する教育ママぶりに賛否両論!堂珍嘉邦との離婚はどうなった?

5月18日放送の「グサッとアカデミア」出演したCHEMISTRYの堂珍嘉邦の妻・堂珍敦子さんの教育ママぶりに、東進ハイスクール講師の林修さんがダメ出しされていましたが、そのダメ出しについて賛否両論出ています。

 

■堂珍敦子の教育ママぶりに林修先生がダメ出し

 

番組では堂珍敦子さんの日常が紹介されており、子供が全部で5人ということで、献立が唐揚げなら一度に2キロ揚げる、「お当番表」を作り年上の4人の子供たちにお風呂やペットの世話などを交代で手伝ってもらっていること、大量の洗濯物の取り込み係が双子の“仕事”であることなど大家族ならではのエピソードを披露しました。

 

そして最大の悩みは子供たちが勉強しないことで、「私は勉強するの好きだったのに、やんないんですよ、言わないと」「どうしたら勉強するようになりますか」と林先生に相談。

 

その上で、敦子さんが「勉強しなさ~いッ!」と絶叫するVTRが披露され、これに対し林先生が「勉強しろは禁句です。何かに打ち込んでいるものをやめさせて、勉強しなさいと言うのは絶対ダメ」とダメ出し。

 

何かに打ち込める人間は勉強にも集中できるとして、他に熱中していることがあるときはそれに集中させたほうがいい、ということのようです。

 

これについてネットでは、「正論です」「勉強しろって言われるとやる気なくなる」「うちの子言わないとずっとやらない」「ゲームしていても言っちゃダメ?」「親が勉強できると勉強できない子供の気持ちはわからないだろうね」「子供が多くて余裕ないんじゃない」「いつまでもやらない場合、じゃあなんて言ったらいいの」「林先生の言うこともわかるけど、世の中のお母さんは仕事、家事、育児をしながら時間をやりくりしてるから、子供の都合にばかり合わせられない」といった賛否両論の声が出ています。

 

子供と勉強、ゲームとの関係というのは子育て世代の共通の悩みなんでしょうね。

 

ちなみに敦子さん自身は偏差値65以上の大阪の進学校・大阪女学院を卒業しています。

 

同じ学校出身の有名人は、東風万智子(元・真中瞳)さん、北川景子さん(高3でクラーク記念国際高等学校へ転校)がいます。

 

 

 

■堂珍嘉邦・堂珍敦子夫婦の子供と離婚報道整理

 

スポンサーリンク

 

5人の子育てを頑張る敦子さんの日常にまったく登場しなかったのが、夫である堂珍嘉邦さんの存在です。

 

敦子さんは2004年6月にケミストリーの堂珍嘉邦さんと結婚し、同年第一子を出産していますが、その後たびたび夫婦不仲の報道が出ており、「離婚へ」と報じられたこともあります。

 

時系列でまとめると次の通り。

 

2004年12月:長男出産

2007年11月:第二子出産

2009年06月:第三子、第四子となる双子出産

2012年04月:女性セブンが堂珍敦子さんが子供4人を連れ別居と報じる

2014年02月:第五子四男出産

2014年04月:「堂珍嘉邦離婚へ」と報じられる

2014年05月:堂珍敦子との離婚報道に堂珍嘉邦の父が「ホッとした」とコメント

 

別居は当時6人家族で住んでいた大きな持ち家から敦子さんが子供4人を連れて賃貸の小さい家に引っ越したと報じられ、不仲が決定的、離婚も近いかと思われたのですが、その後第五子が誕生しているあたり、なんだかよくわかりませんね。

 

不仲の原因は、家庭に入ってほしかった堂珍さんに対し、ママタレとしての活動をしたかった敦子さんとの意見の相違、さらに家庭のことを気遣わない堂珍さんの姿勢だと言われています。

 

敦子さんは子供4人を連れてレストランで外食した際、近くのテーブルの人に「うるさい」と注意されて言い返しに言ったというエピソードを自ら披露しており、かなり気が強いタイプなんだと思われます。

 

もしかすると堂珍さんとの喧嘩も激しかったのかもしれません。

 

ケミストリーは今年2月から活動を再開しており、ここで今更離婚で話題になることは避けたいと思われますが、また敦子さんがキレることがあるのでしょうか。